おとなの養生訓

おとなの養生訓 第74回「熟成」 うま味を引き出す時間

2015年07月23日 12時09分

 よく、「お肉は腐る寸前がおいしい」といいます。まさか、わざと腐らせる人はいないと思いますが、お肉は新鮮なものより、冷蔵庫などで少し寝かせたものの方がうま味を増すのは事実です。

 似たようなことは、イカでも言われます。漁師さんから直接分けてもらう、生きているイカは、確かに新鮮でおいしいのですが、あっさりとしていて、硬くて味わいに欠けます。水揚げのあと、少し時間を置いたイカは、身が透明から白色に変わっていきますが、そうなると、柔らかく甘味が強くなって、とてもおいしいのです。

 このように、肉や魚は取れたてから少し時間を置いて熟成させると、おいしさが増すのです。これは肉や魚の主成分であるタンパク質の性質のためなのです。実はタンパク質には味がありません。ためしに、健康食品として売っている「プロテイン」という粉を口に含んでください。実は、プロテインはタンパク質の意味の英語で、プロテインは純粋なタンパク質の粉であり、全く味がしません。

 舌の粘膜には味蕾(みらい)と呼ばれる器官があり、これが食べ物の味を感じ取って脳に伝えているのですが、味蕾はタンパク質に全く反応しないからなのです。

 ところで、タンパク質は20種類ほどあるアミノ酸という分子が無数に組み合わさって、鎖状につながって作られています。もし、タンパク質が分解されて、アミノ酸が生じると、途端に味蕾が反応して、うま味や甘味、酸味を感じ取って脳に伝えることになっています。そう、うまさの正体はアミノ酸だったのです。

 肉や魚の身の中に含まれるタンパク分解酵素は、熟成をさせている間にはたらいて、タンパク質を分解しアミノ酸を生じさせるのです。とれたて新鮮なお肉や魚は、まだタンパク分解酵素がはたらいていないので、タンパク質が圧倒的に多く、アミノ酸はまだわずかですので、ほとんど味がしません。

 一方、熟成を経た肉や魚には、タンパク分解酵素のはたらきでタンパク質が分解し始めて、アミノ酸が増えているので、うま味が増してくるという訳なのです。肉で作るハム、ソーセージや、魚で作る干物なども熟成と同じ効果があり、アミノ酸が増えることになるのです。

 新鮮がもてはやされる世の中ですが、何でも、新鮮がうまいとは限らない。心しておくべき事実ですね。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • オノデラ
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,134)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,365)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,538)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,379)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,069)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。