ルスツに高級コンドミニアム 220億円投じ来春着工

2017年11月22日 19時18分

 加森観光(本社・札幌)が留寿都村にあるルスツリゾート内で、外国客の誘致を見込んだ高級コンドミニアムの新設を計画している。施設は148室を設けるとし、投資額は約220億円を試算。2019年12月の開業を予定している。2018年春の着工を目指しており、見積もり合わせで、施工業者の選定を進めていく考えだ。

ザ・ヴェール・ルスツの完成イメージ

 加森観光は19日、ニセコで不動産開発を進めるニセコアルパインデベロップメンツ(ニセード、本社・倶知安)とルスツリゾートの戦略的開発を展開するため提携を決めた。

 その第1弾としてリゾート内にあるノース&サウスウイングホテルの東側駐車場にコンドミニアムを建設する。規模は地下1地上11階で、延べ約1万8000m²。部屋は50―260m²を想定し、分譲する。購入者とは不在期間に宿泊施設として使用する契約を結ぶとしている。施設の名称は「The Vale Rusuthu(ザ・ヴェール・ルスツ)」。

 このほか、加森観光では温浴施設の建設を予定しており、コンドミニアムと連結する考えだ。

 ニセードとは第2段階として、小売店舗、娯楽施設、ホテルの開発を実施する計画。投資額は560億円に上るとしている。

 外国人の誘致を進める加森観光の事業展開に地元の留寿都村も今後の展開に期待する。場谷常八村長は「現在、道南バスが冬季限定でニセコエリアのスキー場とルスツリゾートのスキー場間のバスを運行している。今後のインバウンドの活性化を見越し、村としても2次交通の整備に積極的に参加したい」と話している。


関連キーワード: コンドミニアム ホテル

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,630)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,623)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,303)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,201)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,150)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。