おとなの養生訓

おとなの養生訓 第77回「ビールの泡」 空気遮断し酸化を防ぐ

2015年10月09日 09時25分

 ビールをおいしく飲むコツは、グラスへ上手に注ぐことだといいます。泡をうまくたてて、ビールの上に泡の層をつくり、見た目にもおいしそうに注ぐのです。泡がうまくたたないと、なぜかおいしくなさそうに見えます。実際、泡がうまくたったビールはおいしいモノです。ビールの泡は、ビールを空気から遮断することができるので、ビールの酸化を防ぐことができるそうです。また、泡が上にあると、それが重しになって、ビールから炭酸がそれ以上抜けるのを防ぐことになります。なので、ビールを口に含んだときに炭酸の泡が舌を刺激してビールの味わいをさらに増すことになります。

 論より証拠、ビールを長い時間放置して、泡がなくなったところで飲んでみると、酸化のため味が下がって苦味が強くなり、さらに舌に炭酸の刺激がなくて、薄っぺらでおいしくないものです。ビールは泡が命なのですね。

 こう考えてくると、缶ビールを缶のまま飲むのは、もったいない飲み方であることに気づきます。なぜなら、缶の中のビールはあまり泡が出ていないからです。ジョッキで飲み干すビールに比べて、缶ビールのビールはどこか味わいに欠けるような気がします。缶ビールは一旦コップに注いでから飲むことをお勧めします。

 さて、ビールの泡について、もう一つ気を付けなければならないことがあります。それはグラスには入っているビールに注ぎ足しをしてはいけないということです。グラスの中に置かれたビールは、酸化が進み、炭酸の抜けが進んでいます。温度も上がっています。とりわけ、泡が減っているビールはそうです。そこに新しいビールを注いでも、古いビールによっていわば薄められてしまうので、うまく泡ができません。したがって、すぐに味が悪くなってしまうのです。注ぎ足しはビールをダメにする一番の方法ともいえます。

 ですからビールをお酌するというのは、全くよくない風習であるといえます。土台、ビールをお酌するのは、日本だけの風習です。もう瓶ビールをお酌して注ぎ足しを繰り返すのはやめにしませんか?ビールは大きめにグラスやジョッキに豪快に泡をたてて注いで、飲み干すまで、次を注がないというのを鉄則にしましょう。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (8,907)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,183)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,477)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,406)
首位は戸田建設 4―6月のゼネコン道内受注高
2020年08月18日 (1,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。