おとなの養生訓

おとなの養生訓 第77回「ビールの泡」 空気遮断し酸化を防ぐ

2015年10月09日 09時25分

 ビールをおいしく飲むコツは、グラスへ上手に注ぐことだといいます。泡をうまくたてて、ビールの上に泡の層をつくり、見た目にもおいしそうに注ぐのです。泡がうまくたたないと、なぜかおいしくなさそうに見えます。実際、泡がうまくたったビールはおいしいモノです。ビールの泡は、ビールを空気から遮断することができるので、ビールの酸化を防ぐことができるそうです。また、泡が上にあると、それが重しになって、ビールから炭酸がそれ以上抜けるのを防ぐことになります。なので、ビールを口に含んだときに炭酸の泡が舌を刺激してビールの味わいをさらに増すことになります。

 論より証拠、ビールを長い時間放置して、泡がなくなったところで飲んでみると、酸化のため味が下がって苦味が強くなり、さらに舌に炭酸の刺激がなくて、薄っぺらでおいしくないものです。ビールは泡が命なのですね。

 こう考えてくると、缶ビールを缶のまま飲むのは、もったいない飲み方であることに気づきます。なぜなら、缶の中のビールはあまり泡が出ていないからです。ジョッキで飲み干すビールに比べて、缶ビールのビールはどこか味わいに欠けるような気がします。缶ビールは一旦コップに注いでから飲むことをお勧めします。

 さて、ビールの泡について、もう一つ気を付けなければならないことがあります。それはグラスには入っているビールに注ぎ足しをしてはいけないということです。グラスの中に置かれたビールは、酸化が進み、炭酸の抜けが進んでいます。温度も上がっています。とりわけ、泡が減っているビールはそうです。そこに新しいビールを注いでも、古いビールによっていわば薄められてしまうので、うまく泡ができません。したがって、すぐに味が悪くなってしまうのです。注ぎ足しはビールをダメにする一番の方法ともいえます。

 ですからビールをお酌するというのは、全くよくない風習であるといえます。土台、ビールをお酌するのは、日本だけの風習です。もう瓶ビールをお酌して注ぎ足しを繰り返すのはやめにしませんか?ビールは大きめにグラスやジョッキに豪快に泡をたてて注いで、飲み干すまで、次を注がないというのを鉄則にしましょう。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,092)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,367)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,668)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,485)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,217)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。