おとなの養生訓

おとなの養生訓 第78回「魚離れ」 消費減少、売り方に原因

2015年10月23日 09時20分

 日本人は魚介類を食べなくなってきたようで、それを「魚離れ」と呼んでいます。それは日本の食卓が欧米化して、魚より肉を食べるようになったからだ、と誰もが説明しますが、果たしてそうなのでしょうか?

 実は違っているのです。日本人の肉類の消費量は、1980年頃までは急速に増えていたのですが、そのあとは徐々に増えて、1990年頃にピークとなり、その後、横ばいです。牛乳乳製品も1995年ごろにピークに達しました。

 一方、魚介類は1975年ごろまで消費が増え、その後、横ばいでした。つまり日本の食卓の欧米化は1980年代には完成していたが、それでも魚介類は食べられていたのです。

 では、いつごろから魚離れになったのかというと、ここ10年ぐらいというのが、統計の正しい見方でしょう。業界の方は少しでも消費が減れば、大問題かもしれませんが、こういう統計では年々のデータに凸凹がつきものです。トレンドで見ると、やはりここ10年ぐらいというのが妥当だと思います。つまり欧米化は魚離れの直接の原因ではないのです。

 実際、日本人が本当に魚を食べなくなったのなら、日本中どこにでもある、回転ずしや通常のお寿司屋さん人気は、説明できません。魚離れしているといわれる子供たちも、お寿司は大好きですよ。

 歓楽街に出ても、依然として一番多いお店は、居酒屋、板前料理、炉端焼き、郷土料理、ついでに赤ちょうちんなど、魚介類がメニューの中心であるお店です。うまい刺身や焼き魚はお酒のお供に最高です。

魚の消費が落ち始めている原因は、売り方にあると思っています。2003年以降、日本では共働き家庭の割合が増え続けています。つまり、家庭で調理をする余裕が失われています。

 なのに、いまだにスーパーで売られている魚介類は、さばきをしないと食べられない形態が多いのです。もちろん切り身も多くなりましたが、刺身も相変わらずさくで売っている方が多いのです。

 大体、肉で内臓と一緒に売っているものがあるでしょうか?肉は基本すぐに焼けるし、手軽に使えます。でも、魚はいまだに尾頭、内臓付きで売っているのです。これでは家庭で魚介類を食べる機会は減るに決まっています。でも、魚は嫌いじゃないから、回転ずしや居酒屋では魚を食べるのです。手間いりませんから…。魚屋の意識革命が必要です。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.6k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (2.1k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.8k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.7k)
伊藤組土建が首位に 20年度上半期のゼネコン道内受...
2020年11月12日 (1.7k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。