高速道路ワイヤロープ設置 道内5区間でも死者ゼロ

2017年11月29日 15時00分

 国土交通省は、高速道路での正面衝突事故を防ぐため、ことし4月から順次始めたワイヤロープの試行設置に関する中間報告を公表した。10月31日現在、設置区間での飛び出し事故は1件に急減し、死亡事故はゼロと高い効果が認められた。道内の道央道と道東道の設置5区間でも、2016年の死亡事故2件がゼロとなっている。

国交省が試行中間報告

道内で試行設置前に実施したワイヤロープの耐久実験

道内で試行設置前に実施したワイヤロープの耐久実験。飛び出し事故防止の効果が表れている

 ワイヤロープは、全国の高速道路の暫定2車線区間約113㌔で設置した。飛び出し事故は昨年1年間の45件から1件と大きく減り、死者の発生も昨年の7件からゼロになった。ワイヤロープ設置後、ロープへの接触事故は112件発生し2人が負傷している。

 道内は道央道の落部IC―八雲IC間8㌔、八雲IC―国縫IC間6・4㌔、黒松内JCT―豊浦IC間6・6㌔と、道東道の夕張IC―むかわ穂別IC間3㌔、むかわ穂別IC―占冠IC間2㌔の計26㌔に設置した。

飛び出し事故急減

 16年は八雲―国縫ICとむかわ穂別―占冠ICで飛び出しによる死亡事故が各1件発生したのをはじめ、負傷1件を含む計19件が起きている。設置後は、ワイヤロープへの接触事故は18件あったものの、飛び出し事故そのものがゼロとなった。

 特に道東道の両区間は、それぞれ1日当たりの平均交通量(16年)が7600台に上るが、1㌔当たりのワイヤロープへの接触事故は夕張―むかわ穂別ICが0・67件、むかわ穂別―占冠ICが0・5件と低く抑えられている。

 国交省は、ワイヤロープは2車線区間の多くで設置されているラバーポールに比べ飛び出し事故が起きにくいとし、これまでの土工区間だけでなく、17年度中に中小橋梁(延長50m未満)への設置を開始する。

 ただし一方では、ワイヤロープに接触した事故車の約8割が自力走行できなくなった。維持管理作業者へのヒアリング結果からは、「一般車両や大型車が路肩寄りに走行する傾向がある。作業の危険度が増した」「落下物を転回して排除に向かうため時間がかかる」「ワイヤロープの緊張力が時間の経過とともに緩む」などの課題も浮上している。


関連キーワード: 国交省 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • Easy維~持~!
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,629)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,361)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,080)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,699)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,659)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?