旭川医大が国際医療・支援センター構想 外国人へ門戸

2017年12月02日 09時00分

 旭川医大(旭川市緑が丘東2条1丁目1の1、吉田晃敏学長)は、外国人への医療教育を目的とした国際医療・支援センターの建設を構想している。建設費は150億―200億円を試算するが、施設の詳細は明らかにしていない。建設地は同大敷地にある施設の一部を取り壊して確保。着工時期や完成時期は未定だが、2018年春には設計を終えたい考えだ。

 旭川市を国際的な医療都市にしようとサハリン州との医療協力体制構築などの取り組みを進める同大は、ロシアや中東などの外国人医療従事者への教育を通じて医療技術の世界への普及を目指している。

 国際医療・支援センターは、高度な医療技術の教育を求めるロシアをはじめとした各国からのニーズを受けて計画。複数の企業からの出資で事業費を賄うことから出資企業は事業主体となるが、具体的な企業名などは非公表としている。

 施設は12階建て程度になる見込み。手術室や診察室など大学に不足している施設を配置する予定で、同施設を利用する外国人向けの住居や多目的室を設置する計画もあるという。

 吉田学長は「学内施設を取り壊すため、学生の講義のための施設を建設する必要もあるだろう」と別な工事を行う可能性も示唆。完成時期については「一日でも早い完成を目指す」と話している。


関連キーワード: 医療福祉

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,355)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (2,707)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,501)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。