20年3月めどに上場 岩崎が首都圏市場拡大目指し

2017年12月04日 12時00分

 岩崎(本社・札幌)は、3年後の2020年3月期をめどに株式上場を目指す。建設業界のICT施工や3次元CADを支援するパイオニア企業として一層の付加価値を高めながら、道内での市場占有率向上や首都圏での市場拡大を図るのが狙い。新規上場(IPO)によって優秀な人材を確保したり、岩崎ブランドの知名度を高める目的もある。

 1日に札幌市内で開いた創業イベントの中で、古口聡社長が第74(20年3月)期までの中期経営計画として社員ら約155人に説明した。

 岩崎の第71(17年3月)期決算は、経常利益で5億円超えを達成。今期も経常利益5億円を目標に掲げ、自己資本比率50%の強じんな企業体質を目指している。

 株式上場は道内でのシェア向上はもちろん、東京支店を核とした首都圏での市場拡大が狙い。近年は大手ゼネコンとの取引も徐々に広がっており、上場によって信用力を一層高めたい考えだ。

 IPOによって知名度を高め、優秀な人材を確保したい狙いもある。人工知能(AI)を活用した生産性の向上と、積極的な人材確保の両輪で人口減少時代に立ち向かう。

 古口社長は「社会に役立つような価値を創造する〝CSV(共通価値の創造)企業〟を追求しながら、今後も建設生産システムの確立に貢献したい」と話していた。


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,626)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,361)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,080)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,699)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,659)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?