おとなの養生訓

おとなの養生訓 第89回「砂肝」 鳥にとって歯の代わり

2016年04月22日 11時36分

 焼き鳥屋さんや焼肉屋さんに行くと、様々な肉がメニューに載っています。ロースやヒレなど肉の部位を示すおなじみのものから、レバー、ハツ、ホルモンなど内臓の部位を示すものまで。あらかじめ知識や経験がないと、戸惑うことの方が多かったりします。逆に、そういったものをサラリと要領よく注文して、盃を傾けている人に出会うと、その格好の良さに見とれてしまいます。酒場でも勉強が必要なんです。

 そんな、少し普通じゃないメニューとして、砂肝があります。串焼きにするとこりこりと適度な歯ごたえ、煮込みにしてもうまみのあるあれです。ところで、砂肝の正体はご存じでしょうか?

 砂肝のありかは食道と胃の間であり、前胃とも言われているので、胃の前の方が変化して袋状になったものと考えられます。しかし胃より壁は厚く、これが特有の歯ごたえにつながります。

 食道と胃の間にあるということは、消化器官の一部であるということです。砂肝の中には砂が入っているので、砂肝と呼ばれたり、関西ではスナズリと呼ばれたりするのです。この砂は食べ物を細かく砕くために必要で、これによって消化吸収を助けるのです。

 どうして砂肝が必要かというと、鳥には歯がないからです。鳥の口はくちばしになっていて、食べ物を食いちぎることはできますが、そのあとは丸呑みになってしまうからです。丸呑みした食べ物は砂肝に入り、時間をかけて粉砕され、本来の胃腸に送られているのです。

 つまり、砂肝は歯の代わりという訳です。なので、ニワトリを見ていると、たまに砂を呑み込むことがあるのですが、砂肝に砂を貯めるための行動なのです。

 こんな話を酒の肴に、焼き鳥屋のカウンターで飲んでいると、生理学を勉強していてよかった、なんて悦に入ってしまうのです。でも、お肉の正体なんて聞きたくない、という人も少なからずいるので、注意が必要です。私はとかくあれこれ説明しすぎるので、娘あたりには嫌われていますが…。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,546)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (4,017)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,565)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,190)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,786)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。