来年4月にも苫小牧港ふ頭岸壁延伸に着工 王子製紙

2017年12月07日 08時00分

 王子製紙(東京都中央区銀座4丁目7の5、青山秀彦社長)は、2018年4月にも苫小牧港西港区真古舞地区の王子製紙晴海ふ頭岸壁延伸と泊地の拡張に着工する。19年6月に導入する新造RORO船に対応し、現行の岸壁を80m延伸する。

 6日に開かれた苫小牧港地方港湾審議会で、苫小牧港港湾計画の変更として、同審議会事務局が報告した。

 現在の専用ふ頭岸壁は水深11m、延長220m。同社が導入する全長190mの新造RORO船に対応するため、水深は現行のままで80m延伸し、延長300mの岸壁にする。泊地も浚渫して0・4ha拡張する予定。

 王子製紙苫小牧工場で生産される紙製品は年間100万㌧。このうち新聞用紙は国内生産の約3割を占め、世界最大規模の新聞用紙生産工場でもある。

 本州向けに生産された新聞用紙の移出や、紙の生産原料になる古紙の移入では、苫小牧―東京間をRORO船3隻が週6便で輸送。現行のRORO船でのサービス開始から18年が経過し老朽化が進んだため、省力、省エネなどに配慮した新造RORO船を導入することになった。


関連キーワード: 企業 港湾

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,623)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,360)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,080)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,698)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,659)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?