道内初のラウンドアバウト導入へ調査設計進む 函館開建

2017年12月08日 12時00分

 函館開建は、旧JR江差線上ノ国駅前に位置する228号大留交差点でのラウンドアバウト(環状交差点)導入に向けて、調査設計を進めている。交差点の中心部に設ける中央島の直径は24m、それを取り巻くエプロンは幅員2・5m、環状の道路(環道)は同5・5mで計画。接続部は、延伸となる町道高校裏通線を含む4カ所で、それぞれ上下線の間にマウントアップした分離島を設ける。

 ラウンドアバウトは円形交差点の一種で、信号機を設置せず、道路標識によって時計回りの通行を指定するもの。環道の車両に優先権がある点が特徴となっている。

 上ノ国町大留交差点は、228号と道道江差木古内線、町道上ノ国駅前線が複雑に交わり、事故が発生しやすい。ここを道内初のラウンドアバウトとして整備し、交通事故対策のみならず、町のシンボルにする。

上ノ国駅前ラウンドアバウトイメージ図

ラウンドアバウトのイメージ

 完成後は、環道を走行する車両が優先のため交差点に進入する車両の速度が抑制され、追突事故防止につながる。時計回りの通行を指定することで車両の交錯箇所が減少し、出合い頭の事故防止効果も見込まれる。

 信号機の設置が不要なため、災害などによる停電時も混乱なく通行できるほか景観面も向上し、中央島へのモニュメント設置などで観光振興に寄与するのではとの期待もある。

 接続する各道路の幅員は車道が12―13mで、いずれも両側に歩道が付く。ラウンドアバウトと接続部の横断歩道付近まで同開建で整備し、その先は道と町がそれぞれ推進する。予算状況によるが、単年度での施工が見込まれる。

 町はこの整備に合わせて高校裏通線を延伸する計画。上ノ国駅前線はこれに伴い区間を変更するため、同交差点には接続しない。

 同開建は本年度、早期着工に向けて東鵬開発で施工計画検討などを進めている。


関連キーワード: 道路 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,206)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,101)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,739)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,513)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,502)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。