おとなの養生訓

おとなの養生訓 第97回「新型栄養失調」 肉でタンパク質摂取を

2016年09月09日 17時42分

 飽食の時代といわれる現在の日本。食べ物は豊富に存在し、必要な栄養素を摂取することにさほど手間はかかりません。肥満の人が増えている現状を見ると、むしろ栄養過多の人が多いと推定できます。しかし、そんな現代に、栄養失調となっている人たちが、少しずつですが、増えているといわれています。

 必要な総カロリーは満たされているので、食べ物の量が足りないという訳ではないのですが、タンパク質の摂取量が不足している人が、とくにお年寄りで増えているというのです。新しい形の栄養不足として、新型栄養失調といいます。

 なぜ、タンパク質不足になるのかというと、年を取ると、肉や魚を食べる量が減ってしまうからです。身体の活動が低下し、食事をすること自体がおっくうになりがちです。そこで、簡単に食事を済ませようとします。

 そうなると、手間がかかるおかずを作ることが省略されて、ご飯とみそ汁だけとか、麺類のみという様な食事を多くとることになります。こうして、タンパク質の摂取量が減るのです。

 また、肉は脂肪が多く含まれていることから、脳卒中や心臓病などの生活習慣病を予防するために、肉を敬遠するお年寄りも多く、そのためにタンパク質不足になってしまうのです。

 タンパク質の摂取量が減ると、筋肉が痩せてしまいます。ただでさえ、老化現象として、筋肉量は次第に減っていくのですが、それにタンパク質不足が重なると、筋肉量は急激に減ってしまうことになります。

 筋肉量が減れば、筋力が低下するわけですので、運動ができなくなります。そして、立ち上がる、歩く、といった日常の動作にも支障が出るようになり、ついには寝たきりになってしまう恐れがあるのです。

 また、タンパク質不足は、骨にも影響して、骨粗しょう症を悪化させます。日常の動作で簡単に骨折してしまうことになり、これも寝たきりの危険性が高まります。

 そこで、お年寄りこそ肉を積極的に食べるべきだというのが、最近の考え方です。気になる脂肪ですが、最近の研究で、食事に含まれるコレステロールは、血液中のコレステロール量にあまり影響を与えないことが分かってきました。少なくとも赤身のお肉なら、コレステロールを気にすることなく食べることができるという訳です。お年寄りはバリバリお肉です。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,194)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,814)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,994)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,919)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,243)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。