おとなの養生訓

おとなの養生訓 第98回「ハイボール」 香りを引き立てる作用

2016年10月15日 16時05分

 最近、居酒屋などのメニューを見ると、ハイボールとそれをアレンジしたドリンクの名前が、上位に並んでいることが多くなりました。昔、全盛を誇った酎ハイは、影が薄くなっています。宴会のスタートは相変わらずビールや発泡酒が主流ですが、すぐに切り替えて、ハイボールに移る人が多くなっているとも聞きました。ハイボール全盛時代です。

 ご存じのように、ハイボールはウイスキーを炭酸水で割った飲み物です。ウイスキー1に対して炭酸水を3ないし4の割合で混ぜるのが一般的です。数年前から、ウイスキーメーカーの強力なキャンペーンが大きく影響しているのは間違いありませんが、ハイボール自体、手軽に飲める飲みやすいお酒として、受け入れられていることが、ポイントです。

 ウイスキーは香りがきつく、アルコールが濃いので、敬遠している人も多いのですが、ハイボールでは、ウイスキーの不利な性質をそれこそ薄めて、一方で、ウイスキーの香りの良いところはしっかり残っているのです。ここが、水割りとの決定的な違いです。

 水割りは、かなり上手に作らないと、どうしても水っぽさが消えないからです。これこそ、炭酸の効果なのでしょう。炭酸には発泡することで、ウイスキーの香りを引き立てる作用があります。また、炭酸の泡は、舌を適度に刺激するので、薄めた飲み物、という印象をかなり弱めることができるのです。

 ハイボールは、アメリカが発祥のカクテルです。なので、初期に使ったウイスキーは、アメリカ産のバーボンであったと思われます。今は、一般的なスコッチタイプのブレンドウイスキーが使われていますが、ウイスキーの種類、ブランドはたくさんあるのですから、いろいろ試してみるのも、楽しいものです。

 高級ウイスキーをハイボールにするのはもったいないと思われるかもしれませんが、決して台無しにはしません。私は、スコッチウイスキーのシングルモルトのハイボールがお気に入りです。それも、香りやアルコールの強いものをハイボールにすると、また違った味わいが出てきて、素晴らしいのです。

 ウイスキーは蒸留酒なので、酔いざめが早く、楽なことは言うまでもありません。それに加えて、アルコール量をワインや日本酒程度に抑えられるので、じっくりと長く楽しめます。流行るのは道理とも言えますね。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,194)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,814)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,994)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,919)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,243)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。