おとなの養生訓

おとなの養生訓 第101回「お酒と音楽」 味や香りが一段と深く

2016年11月25日 18時14分

 昔、父方の親戚が集まると、必ず酒宴、そして叔父、叔母たちが次々と、持ち歌を披露していました。もちろん祖母も歌い、ついには歌がうまい弟が引っ張り出されます。それはそれは賑やかでした。ただ、父が歌うマイナー調の「赤とんぼ」だけには閉口していましたが…。そんな環境で育ったためか、酒席と音楽はつきものという考えが、私の根底にあります。

 学生の頃に流行り出したカラオケにも、抵抗なく入り込んで、もう何十年も歌い続けている始末。宴会ではなく、一人で静かに飲んでいる時も、音楽は欠かせません。とくにウイスキーをチビチビやっているときには、ジャズが最高。この時だけはなぜかマイルス・デイビィスです。これを聴いていると、ウイスキーの味や香りが一段と深くなります。やはり音楽とお酒は深い関係があるのでしょう。

 事実、お酒を飲む場所には、必ず音楽が流れていますね。バーやパブなど洋酒を提供するところだけでなく、居酒屋では演歌や民謡、小料理屋などは琴など和風の音楽、ビアホールではドイツ音楽、赤ちょうちんはラジオかな?

 もちろんバンドの生演奏などが欠かせない音楽パブやキャバレーというのもありますね。音楽が流れていないところはほとんどありませんね。実際、本当に静かだと、なんか落ち着かない感じがするものです。

 お酒と音楽の関係に目を付けた研究者が、お酒の味わいと音楽の関係について研究を行いました。静かな場所、音楽のみ流れている場所、音楽とテレビが同時に流れている場所で、色々なお酒を飲んで、その味わいを記録するというものです。

 結果として、音楽のみ流れている場所は、その他と比べて、お酒の味が甘く感じるということが分かりました。イギリスでの研究ですので、甘く感じるということは、おいしいということを意味しています。

 この辺は日本の表現と違うので注意が必要です。ただ、音楽やテレビなど色々な音が騒々しくしているのではなく、音楽のみが大事だという意味では、音楽とお酒の強い関係性を示す研究といえます。

 ただ、もしそうだとすると、いい音楽がかかると酒量が増える危険性が高まります。これは気を付けなければなりません。最近、飲み過ぎなのは音楽のせい?いや、自制心の欠如です…。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,137)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,354)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,540)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,301)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,074)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。