おとなの養生訓

おとなの養生訓 第103回「和らぎ水」 二日酔い抑え翌朝楽に

2016年12月28日 16時51分

 日本酒の品ぞろえにこだわりがある居酒屋で、大吟醸の冷酒を頼みます。なみなみと冷酒が注がれたグラスと一緒に、お水が入ったグラスが運ばれてきます。これを和らぎ水と呼ぶのだそうです。当然ながらただの水道水ではなく、ミネラルウォーターがお勧めです。

 お酒を一口、二口飲んだあとに軽く水を飲むと、口の中が洗われて、次のお酒がまた新鮮な味わいになります。また、お酒を飲んだ直後に水を口に含むと、お酒の香りが口いっぱいに広がります。つまり、洋酒でいうところのチェイサーなのですが、日本酒の新しい飲み方として、急速に広まっています。

 水割りにしないで、お酒とお水を別々に口にするところがミソです。和らぎ水をはさむことで、お酒を飲むペースがゆっくりになるので、酔いのまわりを遅くすることができることも、メリットの一つでしょう。和らぎ水で日本酒をゆったりと味わうのは、結構、絵になるかもしれませんね。

 先に述べたように、お水には日本酒の香りを引き出す作用があります。そこで、最近は割り水燗という飲み方も広まっています。日本酒に1ないし2割程度の水を入れてからお燗する方法です。口当たりが柔らかくなり、香りも引き立ちます。

 他のお酒でも同様の効果が認められます。ウイスキーに数滴の水を垂らすと、香りが立ってきます。ウイスキーと水を1対1で割るトゥワイスアップという飲み方にすると、ウイスキーの味は弱くなりますが、少し口に含んだ時にウイスキーの香りが風味となって口から鼻に広がります。他の例では、イモや麦の焼酎にお湯で割ると、イモや麦の香りが一段と広がります。

 でも、日本酒と水を一緒に飲むのは、昔から一部の愛飲家の間では行われていました。「命の水」と言ったりして。冷酒だけでなく、熱燗でもお水を一緒に飲んでいました。こうすると、翌朝が楽になるというのがその理由でした。

 アルコールにはおしっこの量を増やす作用があります。お酒を飲む時に、水分補給をしないと体が脱水状態になり、これが二日酔いの主な原因になるからです。昔は体のために飲まれていたお水ですが、和らぎ水とおしゃれに名づけられて、スマートに使われるようになったのです。日本酒好きのあなた、和らぎ水は必須アイテムです。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,162)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,333)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,549)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,141)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,092)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。