BSI2期連続プラス 道財務局10―12月期景気予測調査

2017年12月12日 15時00分

 北海道財務局が11日発表した2017年10―12月期の法人企業景気予測調査結果によると、全産業の景況を表す景況判断BSIは前期を6.6ポイント下回る2・5となったが、2期連続のプラスを維持した。16年の台風の影響で不作だった作物の収穫量が回復し、食料品をはじめとする製造業の上昇幅が大きかったため、全体を押し上げる結果となった。

 10―12月期の業況判断BSIは、季節要因もありマイナスに転じることが多いが、04年の調査開始以来初めてプラスとなった。製造業は、前期比5.4ポイント減のプラス15・5と上昇を維持するものの、非製造業は7ポイント減のマイナス1となっている。

 製造業では、食料品が20ポイント増のプラス36と大きく改善したほか、公共事業の増加で窯業・土石製品も増減なしのプラス37・5と高い数値を維持。化学工業では前回の0からプラス33・3と大きく伸びており、「販売先であるメーカーがフル稼働の状況で、これに連動して生産も堅調に推移している」との声が出ている。

 一方、住宅着工戸数の減少から建築用木材の需要も減り、木材・木製品が35.7ポイント減のマイナス14・3と悪化する業種もあった。

 非製造業は、秋サケ定置網量の漁獲量不振により、農林水産業が49.1ポイント減のマイナス14・3と大きくダウン。運輸業・郵便業も季節要因からプラス23.3ポイント減の8・1と上昇幅が縮小した。

 17年通期の設備投資は前年比22.5%増と前年を上回ると予想。製造業では食料品などで工場の新設などが挙がっている。非製造業では、運輸業・郵便業、学術研究、専門・技術サービス業などで前年を上回っており、商品製作に関わる情報や人事機能などを一元化できる、システム導入などを計画しているという。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (5,617)
地下鉄麻生駅近くに商業施設 ビッグが遊技場跡地を取得
2018年10月05日 (2,607)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (2,485)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (2,053)
薄野のビル4棟売却で11月にも契約 第一興商
2018年10月01日 (1,733)

連載・特集

連載 月尾嘉男 北海道150年を支えた偉人new

北海道150年を支えた偉人
北海道の歴史に名を刻む人物を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第145回は「ラーメンの危機」。地震の影響でラーメン横丁やススキノの人影が減っています。私たちで元気づけましょう!