おとなの養生訓

おとなの養生訓 第107回「お豆」 タンパク質不足を補完

2017年02月24日 17時48分

 お酒のお供としてお豆は、一つの定番です。ビールに枝豆、ウイスキーにはナッツ、ワインはヒヨコ豆やレンズ豆の煮込み、日本酒なら納豆がいいですね。豆腐は大豆で作りますが、日本酒には最高であります。

 豆類はエネルギー豊富な食べ物で、主食としても十分に役割を果たすものです。しかし、同様に主食として扱われる米、麦、トウモロコシ、イモなどとは異なった栄養的な特徴を持っており、しばしば、「体に良い食品」として扱われています。

 まず、第一にタンパク質が豊富であるということです。最近、脂肪を気にして肉類を控える人の中で、タンパク質が不足する傾向が見られます。タンパク質は体を作り整えるのに不可欠な栄養素ですから、これを豆で補うのは理にかなっているのです。

 さらなる特徴は、ポリフェノールが豊富に含まれているということです。ポリフェノールは動脈硬化を抑え、生活習慣病を予防するのに効果があるとされています。また、食物繊維も豊富です。食物繊維は脂肪や糖質の吸収を遅くする作用があり、結果的にカロリー摂取量を抑えられるので、肥満や糖尿病の予防に有効であるとされています。

 加えて、食物繊維は腸に常在するいわゆる善玉菌のえさとなるので、善玉菌が増えて腸内環境を整える効果が期待できます。そうなると、胃腸の働きは改善され下痢や便秘を防ぐことができるのです。

 色々と効能が挙げられているのですから、お酒のおつまみとして利用しない手はありません。でも、やたらとたくさん食べればよいという訳でもありません。脂肪の含有量が多いお豆は要注意です。

 とくにピーナッツは格段に脂肪が多く含まれていますので、食べ過ぎるとオーバーカロリーになってしまいます。お酒のおつまみとする場合は、「一晩に20粒まで」という人もいます。しかし、20粒まで数えながら食べるというのは興ざめですね。

 一方、大豆も脂肪が多い豆なのですが、加工の途中で脂肪分が抜けるので、大豆を原料にした豆腐、湯葉、納豆などはさほど気にする必要はありません。ただ、煎り大豆は脂肪が残っていますので、加減した方がよいでしょう。

 そんな御託を並べなくても、ビールは枝豆、日本酒は冷奴に決まっているだろうと、声がします。人は体に良いことを自然と選んでいるのです。不思議ですね。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 川崎建設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,022)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,649)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,416)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,126)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,972)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。