おとなの養生訓

おとなの養生訓 第111回「朝食抜き」 食べて仕事効率を倍加

2017年04月28日 11時49分

 日本人の3割近くの人は朝食を食べないといわれます。朝食抜きという選択肢がない私にとっては、想像しにくい朝の風景です。単に、時間がないとか、食欲が出ないとかいうのが理由なだけでなく、積極的に朝食を抜くことで、健康法になると考えている人も多いと聞きます。そこで、医学ではちょっとした論争が展開されています。いわく、「朝食を抜くべきか否か?」。

 朝食を抜くことのメリットとして一番に思いつくのは、いわゆるダイエット効果です。1日で食べる総量が減るから、その分太らないという訳ですが、なぜか朝食を抜くことを選ぶ人が多いようです。

 太らなければ、糖尿病などの生活習慣病の予防になります。また、朝食を抜くと、前日の夕食から当日の昼食まで、長い時間食べないことになるので、一種の飢餓状態となり、これが脳を活性化させて疲労感がとれるという説もあります。飢餓状態は長寿遺伝子を作動させるので、長生きになるという説まであります。

 一方、朝食を食べるべきであるとする説では、その飢餓状態が体に悪影響を及ぼすと考えています。飢餓状態のために脳へのエネルギー供給が減って思考力が下がると指摘する人もいます。

 また、飢餓状態のために、とくに昼食を多くとることになり、逆に過食になるということも考えられます。さらに、飢餓状態に対する防御反応として体にエネルギーを貯めこむしくみが効率化して、むしろ太りやすくなるというのです。

 こうしてみると、朝食抜き派はメリットを強調し、朝食派は抜くことのデメリットを強調しています。これでは水掛け論です。

 では、朝食をとることに積極的なメリットはあるのでしょうか?朝食抜き派は、朝食を単なる習慣に過ぎないととらえています。だから、食べ過ぎなのだと。でも、朝食を食べることで、エネルギー供給が増え、体が目覚めて行くというのは利点でしょう。

 人は午前中に脳が活性化し、集中力が高まることは明らかです。つまり、午前中が仕事の効率が一番いいのです。だから、朝食で十分なエネルギーを得ておけば、仕事の効率は倍加されると期待できます。昼食を減らせるのもメリットです。たくさん昼食を食べると、午後の仕事の効率が落ちることも指摘されています。やはり、朝食はしっかりとった方が、ビジネスマンにはメリットです。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,084)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (2,033)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,542)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,469)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,360)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。