おとなの養生訓

おとなの養生訓 第113回「アニサキス」 流通機構の発達で流行

2017年05月26日 11時53分

 昔の話です。私が本州の研究所に在籍していた時の友人の災難話です。とあるおすし屋さんに行って、おいしいネタを存分に味わって、ご帰宅。その夜中に突然の激しい腹痛。胃がキリキリと痛み、脂汗が噴き出たそうです。そのまま救急車で病院に。

 緊急の胃内視鏡で原因は取り除かれて、うそのように痛みは治まったそうです。原因はアニサキスという小さな魚の寄生虫でした。おすしで寄生虫に襲われた原因は、イカの握りずしでした。生のイカを細切りにせず、刺身のように大きく切って握ったものでした。

 この話を聞いて、北海道出身の私としては、どうしてそんなすしが出てきたのか不思議でたまりませんでした。イカにアニサキスがいるのはほぼ当たり前で、生で食べるときは丁寧に内臓を処理したうえで、いわゆるイカソーメンの状態に細切りにして、アニサキスを退治しておかないと激しい胃の痛みに襲われる危険性が高いからです。

 アニサキスはイカやサバ、サンマ、ニシン、アジなどの魚にふつうに住んでいる寄生虫です。熱や冷凍により死んでしまうのですが、冷凍せず生のままで調理すると体に入ってしまいます。アニサキスは胃に入ると胃酸を嫌って胃の壁に刺さって潜り込もうとします。これが刺激になって胃で激しいけいれんが起こり、激痛やおう吐に苦しむことになります。これをアニサキス症と呼びます。

 最近、アニサキス症の被害がマスコミをにぎわしています。有名タレントの何人かも被害をこうむったようです。アニサキス症は昔から知られているのに、なぜ最近急に流行り(?)出したのでしょうか?それは、日本人がグルメになったせいかもしれません。

 最近のアニサキス症の原因はイカではなく、サバやサンマだそうです。昔ならとても刺身にはできないものでしたが、流通機構の発達で、冷凍せずに漁港から生きのいいサバやサンマが消費地に急送できるので、新鮮だからと、刺身にして食べてしまうのです。

 でもいくら新鮮でも、アニサキスはいます。サバやサンマを刺身として食べるときは、一旦冷凍してから解凍したものにするべきです。解凍したのはおいしくないって?いいえ、決してそんなことはありません。解凍したサンマの刺身、本当にうまいですから。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • web企画

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.5k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.6k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.5k)
伊藤組土建が首位に 20年度上半期のゼネコン道内受...
2020年11月12日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。