国交省が札幌で「建設産業女性活躍セミナー」

2017年12月14日 12時00分

 国土交通省は13日、札幌市内の北海道建設会館で「建設産業女性活躍セミナー」を開催した。参加した会社経営者や女性技術者ら約60人が、パネルディスカッションなどを通じて、女性の入職や定着、活躍に向けた取り組みを考えた。

 女性の視点を生かした店舗デザインなどを手掛けるゼムケンサービス(北九州市)の籠田淳子社長が基調講演。子育てなどの経験から「ワークライフバランスを経営理念にして、さらにワークシェアリングを導入した。女性、男性の個性を大切にした働き方が大切」と呼び掛けた。

 パネルディスカッションでは、日本データーサービスの田原さゆりさん、鹿島北海道支店の土山淳子さん、勇建設の飛田史枝さん、ビーゴーイングの山崎裕子さんをパネリスト、籠田社長をコーディネーターに迎え、女性の入職・定着などをテーマに議論。

 田原さんは女性が活躍するには「育児中は、夫が早く帰れるような仕組みを経営トップが考えてほしい」と提案した。

 山崎さんも「産休後はどうしたらいいのか相談する人がいない」とロールモデルの不在を指摘。

 土山さんは定着には「若いうちから楽しいと思い、仕事に誇りを持つことが大切。そうすることで多少の困難は乗り越えられる」との考えを披露した。

 飛田さんは「橋の現場でアルバイトしたとき、立派な橋が完成して感動した。プライドを持って働いている人を見て、やりたいと思った」と入職の動機を語り、入職促進に向け「小学生のころから体験させては。自分の子どもはそれで身近に感じていた」と経験を話した。


関連キーワード: けんせつ小町 国交省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,765)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。