厚労省のユースエール企業に東邦コンサルを認定

2017年12月16日 13時00分

 若者の採用や育成に力を入れている中小企業を評価する厚生労働省のユースエール認定企業制度で、東邦コンサルタント(本社・釧路市)が道内50人以上の規模の企業で初めて認定された。14日、釧路公共職業安定所の阿部匡所長らが同社を訪れ、橋俊之社長に認定通知書を交付した。

東邦コンサルタント橋社長

認定通知書を受け取った橋社長(左)

 同制度は若者の採用や育成、雇用管理が優良な中小企業を厚生労働大臣が認定する制度で2015年から始まった。認定基準は若者の採用や人材育成に積極的な企業で、新卒者の離職率が20%以下、正社員の月平均時間外労働が20時間以下、有給休暇の取得率が70%以上などがある。

 各都道府県の労働局に申請して基準を満たすと認定される。道内では11社、釧路管内は5社が認定企業となっている。

 認定を受けると総合評価落札方式や企画競争方式の入札で加点対象となり、若者の雇用を支援する助成金も一定額加算される。そのほか認定企業限定の就職イベントに参加できたり、ハローワークが積極的な企業PRを行う。

 阿部所長は「釧路地域は特に若者流出が多いが、厳しい認定基準を達成している。行政としても定着のいい企業をPRさせていただきたい」と説明。

 橋社長は「建設業界の技術者不足は深刻。若い人ができるだけ地元に残れるように、今後も働きやすい環境づくりに努めていきたい」と意気込んだ。


関連キーワード: フレッシュ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (5,629)
地下鉄麻生駅近くに商業施設 ビッグが遊技場跡地を取得
2018年10月05日 (2,599)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (2,485)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (2,048)
薄野のビル4棟売却で11月にも契約 第一興商
2018年10月01日 (1,730)

連載・特集

連載 月尾嘉男 北海道150年を支えた偉人new

北海道150年を支えた偉人
北海道の歴史に名を刻む人物を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第145回は「ラーメンの危機」。地震の影響でラーメン横丁やススキノの人影が減っています。私たちで元気づけましょう!