厚労省のユースエール企業に東邦コンサルを認定

2017年12月16日 13時00分

 若者の採用や育成に力を入れている中小企業を評価する厚生労働省のユースエール認定企業制度で、東邦コンサルタント(本社・釧路市)が道内50人以上の規模の企業で初めて認定された。14日、釧路公共職業安定所の阿部匡所長らが同社を訪れ、橋俊之社長に認定通知書を交付した。

東邦コンサルタント橋社長

認定通知書を受け取った橋社長(左)

 同制度は若者の採用や育成、雇用管理が優良な中小企業を厚生労働大臣が認定する制度で2015年から始まった。認定基準は若者の採用や人材育成に積極的な企業で、新卒者の離職率が20%以下、正社員の月平均時間外労働が20時間以下、有給休暇の取得率が70%以上などがある。

 各都道府県の労働局に申請して基準を満たすと認定される。道内では11社、釧路管内は5社が認定企業となっている。

 認定を受けると総合評価落札方式や企画競争方式の入札で加点対象となり、若者の雇用を支援する助成金も一定額加算される。そのほか認定企業限定の就職イベントに参加できたり、ハローワークが積極的な企業PRを行う。

 阿部所長は「釧路地域は特に若者流出が多いが、厳しい認定基準を達成している。行政としても定着のいい企業をPRさせていただきたい」と説明。

 橋社長は「建設業界の技術者不足は深刻。若い人ができるだけ地元に残れるように、今後も働きやすい環境づくりに努めていきたい」と意気込んだ。


関連キーワード: フレッシュ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

洞爺サンパレス「クリスタル」建替を6月着工 カラカミ観光
2017年12月26日 (2,331)
特定代行者募集を開始 北3東11周辺地区再開発
2017年12月25日 (1,700)
国立アイヌ民族博物館新営建築は40億円で竹中らJVに
2018年01月15日 (1,655)
道新幹線、札樽トンネル(石倉)他は105億円で大林組らJVに
2017年12月20日 (1,540)
小樽のホテル跡8万m²など取得 グローカルジャパン
2018年01月13日 (1,341)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第127回は「疲労とお風呂」。血行が改善されることで疲労感の原因となる物質が、処理されやすくなります。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。