白鳥大橋の技術学ぶ 建設どさん娘の会と室工大女子学生

2017年12月22日 12時00分

 建設どさん娘の会(福山智子代表)は20日、室蘭工大土木工学コースの女子学生と現場見学会を行った。白鳥大橋の見学を通してつり橋の技術力の高さを目の当たりにし、ものづくりの魅力をあらためて感じた。

建設どさん娘の会と室工大女子学生

アンカレッジでは温度や湿度がほぼ一定であることなども学んだ

 現場見学会は、女子学生たちに建設業の魅力を伝えるとともに、日頃から抱えてる悩みや、就職に当たり聞きたいことなどを技術者の先輩に気軽に聞いてもらうことを目的に開催。同会主催の現場見学会としては今回初めての開催となる。

 この日は建設どさん娘の会から10人、室蘭工大土木工学コースの2―4年生の学生12人が参加し、室蘭開建の担当者に案内してもらいながら白鳥大橋を見学した。

 一行は、メインケーブルを支えるアンカレッジと主塔を見学。主塔は高さ約140mと、さっぽろテレビ塔とほぼ同じ高さで、強風に耐えられる設計であることや、維持補修に当たっては主塔ゴンドラを使って作業しているといった説明があった。また、アンカレッジでは127本のワイヤで1束を作り、それを52束組み合わせてメインケーブルを作っていることなどの説明を受け、参加者からは「どのくらい耐用年数があるのか」「なぜつり橋という構造にしたのか」といった質問が挙がっていた。

 見学会に先立ち室蘭工大で座談会も行い、グループに分かれ建設業の仕事などをテーマに話し合った。

 建設どさん娘の会では「女子学生と交流できて良かった。今後も機会があれば学生と交流し、建設業の魅力を伝えていきたい」と話していた。


関連キーワード: けんせつ小町 フレッシュ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,764)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。