特定代行者募集を開始 北3東11周辺地区再開発

2017年12月25日 07時00分

 移転・橋上化を進めるJR苗穂駅の南口で、第1種市街地再開発事業を計画する北3東11周辺地区再開発準備組合(松本哲朗理事長)は、延べ6万m²超の施設新築や保留床処分を委託する特定業務代行者の募集を25日にも始める。2018年3月下旬をめどに選定し、実施設計を経て同年11月の着工を目指す。総事業費は216億円を見込んでいる。

移転・橋上化や自由通路、広場建設が進む再開発エリア周辺

 施行エリアは札幌市中央区北3条東10、11丁目にまたがる苗穂駅南口の約2・5ha。権利者は9人。一般業務代行者はノーザンクロス・えんれいしゃ共同体。

 鉄路で分断された南北地域を結ぶ苗穂駅の橋上化と連携し、来街者や地域住民が集まり交流する、にぎわいの核を持ったコンパクトなまちづくりを目指す。

 4街区で構成し、全体の施設面積は延べ6万1300m²。A街区は25階建ての商業施設付き共同住宅202戸、B街区は商業・医療施設併設の26階建て共同住宅199戸と12階建て高齢者向けマンション50戸を新築する。3施設は空中歩廊でつなぎ駅の自由通路昇降棟と結ぶ予定だ。C街区は寺院の建て替え、D街区は商業・業務施設を新築する。

 特定代行者にはA、B、D街区の実施設計、工事監理、工事施工、寺院のあるC街区の推進支援を委託する。保留床処分の責任は商業・業務施設を対象にする。

 応募資格のうち工事施工幹事企業は、経営事項審査の建築総合評点が1500点以上となる見通し。実績や構成員に札幌市内に本社を置く企業の参加も求める。

 近く組合で要領を最終決定し、選定事務局を担当する北海道まちづくり協議会のホームページに募集要領を告知する。応募関係書類の提出は1月17日を見込み、資格審査を経て3月中旬まで提案を求め、同下旬に選定する。

 以降、実施設計に入り、18年11月ごろにD街区から着工。東側に進め、順調にいけば21年度末に完成する予定だ。寺院を建て替えるC街区は保留床がないため別途、組合が直接発注する。


関連キーワード: さっぽろ圏 マンション 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,255)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,310)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,051)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,618)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,617)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?