イゲタ晴森組の女性とび2人 十勝管内初の1級取得

2017年12月25日 15時28分

 女性とび職人として第一線でさらなる活躍を目指す―。イゲタ晴森組(本社・帯広)に勤務する佐藤智恵さんが1級とび技能士、渡辺悠子さんが2級とび技能士にそれぞれ合格した。特に佐藤さんが取得した女性のとび1級合格は十勝管内では初めての快挙。2人とも仕事の合間や休日を活用しながら勉強と実技試験の練習を重ねて難関を突破した。9月29日に合格発表があり、7日に合格証書が交付された。

合格証を手にする佐藤さん(左)と渡辺さん(右)

 佐藤さんは滋賀県の定時制高校を卒業し出身地である北海道に戻ってとび職に就いた職歴20年の経験者だ。実技試験に向けて自宅に資材を持ち込み1級技能士の夫と一緒に休日返上で練習。「良い先生でした」と笑顔で振り返る。

 渡辺さんは帯広柏葉高定時制を卒業して同社に就職しことしで6年目。忙しい現場作業の合間を縫って実技試験の練習を重ねてきた。「合格できたのは先輩の教えがあったから」と感謝を口にした。

 2人とも日々変わる現場を見るたびに仕事のやりがいを感じている。渡辺さんは「やっとここまで出来上がったのかと実感できるのは魅力の一つ」と話す。同社の辻丸泰正部長は「現場でも普段から男性に負けないくらい頑張っている。これからも技術と技能を磨いて、さらなるスキルアップを図ってほしい」と期待を掛けている。

 今後に向けて渡辺さんは「力では男性に負ける部分もあるが、仕事がスムーズにできるよう技術をより高めていきたい」、佐藤さんは「とびの仕事はチームワークが求められる。いろいろな業者と関わりながら仲良く仕事していけたら」と意気込み、これからも職人の道を突き進んでいく。


関連キーワード: けんせつ小町

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • web企画
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,186)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,138)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,468)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,561)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,547)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。