五輪招致へ施設など支援要請 秋元札幌市長ら林文科相訪問

2017年12月27日 08時00分

 札幌市の秋元克広市長と北海道の小玉俊宏環境生活部長は26日、都内で林芳正文部科学相を訪問し、2026年冬季オリンピック・パラリンピック札幌招致の実現に向けた国の支援を要請した。全面的な財政支援や連携・協力体制の早期構築を求めたほか、真駒内屋内競技場、手稲山のソリ競技施設の国立施設としての建て替えなどを要望した。

林文科相(中央)に要望書を手渡した秋元市長(左)と小玉部長

 この日は、林大臣と今里譲スポーツ庁次長が対応した。秋元市長らは先月、日本オリンピック委員会(JOC)と、26年大会の正式立候補を判断するため、準備段階となる「対話ステージ」への参加を決めたことを報告。

 1972年大会の資源を生かした持続可能な開催モデルづくりを掲げ、国際オリンピック委員会(IOC)と経費削減に向けた要件緩和などで協議を開始するのに合わせ、国の支援や協力体制の早期構築、大会運営の財政措置拡充を求めた。

 施設整備では、フィギュアスケートなどの会場にする屋内競技場やソリ競技施設を、国立施設で建て替えるよう要望。既存施設を国際基準に合わせるための改修や強化拠点の整備は財政支援として、スポーツ振興くじ助成の上限撤廃を要請した。

 要望後、秋元市長は記者団に「国のバックアップは非常に重要。林大臣からは正式な立候補が決まれば国にできることを支援したいとの言葉を頂いた」と会談内容を報告。

 国立の施設建て替えなど施設整備の支援は「地方主体で考えてほしいとの言葉があった。全面的協力は、かなり難しいとの感触。今後の議論にとどまったと思う」との印象を語った。

 市と道は内閣府、総務省、国土交通省にも同様の要望書を送付し、オールジャパン体制の支援を求めていく。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,024)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,492)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,468)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (984)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。