赤レンガ建築賞に松前中 地元スギ用いた在来工法評価

2017年12月28日 16時30分

 道建設部と建築関連5団体が主催する2017年度赤レンガ建築賞の受賞作品が決まった。建築賞は「松前町立松前中学校」、建築奨励賞には「訓子府町幼保連携型認定こども園わくわく園」と「恵庭市生涯学習施設かしわのもり」が選ばれた。1月31日に道庁赤れんが庁舎で表彰式を開く。

建築賞を受賞した松前中学校

 同賞は、建築文化の向上や地域に根差したまちづくりの推進を目的に1988年に設立。今回で30周年を迎えた。

 松前中学校(W造、平屋、延べ5164m²)は、15年8月31日に完成。象設計集団が設計、小川建設・今井工務店・佐々木組など5共同体、計15者が施工を担当した。地元スギを用いた在来工法によって整備したこと、町民や来訪者を迎え入れる構成になっていることが評価された。

 奨励賞の認定こども園わくわく園(W造、平屋、延べ1902m²)は久米設計が設計、北成建設・久島工業・丸建工業共同体が施工した。地中熱ヒートポンプによる床冷暖房を整備し、はだし教育を推進している。

 恵庭市内にある「かしわのもり」(W造、平屋、延べ949m²)も奨励賞。設計は北大工学研究院都市地域デザイン学瀬戸口研究室とSAデザインオフィス、北洋設備設計が担当。恵庭建設、尾崎設備工業、槌本電設工業が施工した。建設地にあったサクラやモミジなど4本の木を庭に残した設計などが評価された。


関連キーワード: 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

洞爺サンパレス「クリスタル」建替を6月着工 カラカミ観光
2017年12月26日 (2,331)
特定代行者募集を開始 北3東11周辺地区再開発
2017年12月25日 (1,700)
国立アイヌ民族博物館新営建築は40億円で竹中らJVに
2018年01月15日 (1,655)
道新幹線、札樽トンネル(石倉)他は105億円で大林組らJVに
2017年12月20日 (1,540)
小樽のホテル跡8万m²など取得 グローカルジャパン
2018年01月13日 (1,341)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第127回は「疲労とお風呂」。血行が改善されることで疲労感の原因となる物質が、処理されやすくなります。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。