北海道信金が営業開始 道内信金で初の預金1兆円超に

2018年01月05日 08時30分

 札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫が1日に合併し、道内の信金で初の預金1兆円を超える北海道信用金庫が4日から営業を始めた。3信金の相乗効果を発揮し、札幌をはじめとする道央圏の企業を中心に、地域密着型の金融サービスを提供する。4日、札幌市内の本店で開いたオープニングセレモニーで吉本淳一会長は「合併により、預金額は1兆1212億円、貸出金は5720億円と好スタートを切ることができた」と述べ、今後の展開に自信を見せた。

吉本会長(左から7番目)らが新たな信金の誕生を祝い、テープカットした

 昨年12月30日から各支店、31日に本店の看板を「北海道信用金庫」に全て切り替え、札幌信金を存続組織として営業を始めた。合併で道央圏を中心に88カ所の店舗を保有することになるが、今後、近隣で営業する各店舗については、効率化を図るため統廃合を検討する。

 新組織では、会長に旧札幌信金の吉本会長、理事長に旧札幌信金の前田繁利理事長、副理事長に旧北海信金の西田覚理事長、専務理事に旧小樽信金の佐林史明理事長らがそれぞれ就任。合併の要因となった道内で進行する人口減少や少子高齢化、事業の縮小といった地域課題に対して、3信金が持つ経営資源を有効活用して取り組む。

 オープニングセレモニーでは、道信金幹部のほかに、高橋はるみ知事や秋元克広札幌市長、高秀樹北海道財務局長、小高咲日銀札幌支店長らが参加。テープカットをし、地域経済の活性化に力を発揮する、新たな信金の誕生を祝った。

 吉本会長は「札幌市を中心とした道央圏の地域経済活性化や地方創生により、北海道経済を力強くけん引していくよう力をつけていきたい」と意気込みを述べた。

本部機構と人事を発表

 札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫が1日付で合併して設立した北海道信用金庫は4日、1日付決定した本部機構と合併に伴う人事異動を発表した。

 札幌信金をベースとする本部機構は、事務指導部、事務集中部、特化営業部、資産査定部を新たに設けた上で改編し、14部、2事業本部、1室、1プラザ店、1センターの体制とした。迅速な意思決定と地域経済活性化・地方創生を目的とする事業本部は余市(旧北海信金本店)と小樽(旧小樽信金本店)に置く。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (3,395)
大林らJV落札、497億円 道新幹線札樽トンネル札幌工区
2019年01月09日 (3,370)
札幌都心への投資加速 ホテル建設ラッシュに沸く
2019年01月02日 (2,078)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (1,972)
RIZAPグループ ディノスビル春までに建替基本計画
2019年01月06日 (1,713)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第151回は「胃もたれ」。忘年会、年越し、新年会と続く宴。胃へのいたわり方をご指導します。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。