寒空に映える妙技 新春恒例はしご乗り披露 釧路

2018年01月05日 18時51分

 釧路鳶土木工業組合(小野垣進組合長)と傘下の釧路若鳶会(斎藤慎之介会長)は4日、釧路市役所防災庁舎前広場で、新春恒例の木やり・まとい振りとはしご乗りを披露し、新年を祝った。

 冒頭、蝦名大也市長は、2月3日の市中央図書館開館や、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションの釧路―関西の定期便が8月1日から就航する話題に触れ「釧路にとって最良・最高の1年にしたい」とあいさつ。伝統の技を守り伝えている組合員や会員らに感謝と敬意を示した。

 木やり歌に合わせたまとい振りに続き、6・3mのはしごが登場。とび口を持った12人に支えられ、乗り子4人が次々と妙技を繰り出した。「藤下がり」「一本背亀」といった技が寒空に映え、市民らは乗り子の大胆な動きに拍手や歓声を上げながら見入っていた。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • オノデラ
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

HBC本社建設を熊谷組に依頼、20年春完成
2018年04月05日 (2,798)
函館駅前、札幌駅前通沿いなどで大型プロジェクト続々着工
2018年04月05日 (2,534)
3開建で部長交代 4月人事で国交省と開発局
2018年03月29日 (2,236)
札幌駅北口8・1地区 複合ビル延べ12万m²建設
2018年03月05日 (2,092)
日ハムBP、北広島に 23年開業へ準備会社設立
2018年03月26日 (1,766)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第133回は「年齢とお酒」。年を取 るとお酒に弱くなるのは、血流や細 胞が減って、肝機能が低下すること が原因です。

連載 明日を支える 道総研建築研究本部 研究・活動報告

明日を支える
北海道建設新聞に連載した北海道立総合研究機構建築研究本部の研究・活動報告を紹介します。