道財務局134件入札へ 豊平区美園の4000m²など

2018年01月06日 09時00分

 北海道財務局は、2018年度以降に一般競争入札で売却する国有財産として、現時点で札幌市豊平区美園の約4200m²、同西区二十四軒の約1300m²など134物件を予定している。

 札幌市豊平区美園9条8丁目2の1は宿舎跡で、敷地面積は4213m²。延べ2302m²の建物が残る。白石・中の島通沿いに面し、月寒公園に隣接する立地で、一帯は建ぺい率60%、容積率300%の準住居地域となっている。

 同じく宿舎跡の西区二十四軒3条6丁目1の物件は、宮の森北24条通沿いに位置。敷地面積は1294m²で、延べ473m²の建物がある。用途は準住居地域で建ぺい率は60%、容積率は300%。

 このほか、旭川市永山1条24丁目89の25ほかの4771m²、隣接する永山2条24丁目88の2の8843m²や、函館市湯川町2丁目12の10の771m²(延べ760m²の建物付き)などがある。

 道財務局ではここ数年、6月と1月の年2回、国有財産売却の入札を行っている。入札の1―2カ月前に公示するのが通例。

 ただ、いずれの物件も具体的な売却年度は今後、正式に決めていく状況だ。


関連キーワード: 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • Easy維~持~!
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,255)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,310)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,051)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,618)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,617)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?