第22回都市景観賞に「小樽芸術村」と「旧岡川薬局」

2018年01月10日 13時00分

 小樽市は、第22回都市景観賞に「小樽芸術村」と「旧岡川薬局」の2件、奨励賞に「NPO法人小樽民家再生プロジェクト」の活動1件を選定した。明日11日に表彰式を開く。

 都市景観賞は1988年の創設で、小樽の歴史と風土に調和した都市景観を創出している建築物や活動などの表彰を通じ、都市環境の向上と街づくりへの市民の関心を高めることを目的としている。

 11月28日に小樽の歴史と自然を生かしたまちづくり景観審議会(駒木定正会長)で議論し、今月4日の記者会見で森井秀明市長が公表した。

芸術村として生まれ変わった旧拓殖銀行小樽支店(右)と旧三井銀行小樽支店(左奥)

 色内地区に位置する小樽芸術村(ニトリホールディングス所有)は、市指定歴史的建造物の旧高橋倉庫、旧荒田商会、旧北海道拓殖銀行小樽支店、旧三井銀行小樽支店の4施設と中庭で構成。複数の歴史的建造物と中庭が一体的に活用され、新たな景観を創出したと評価された。

レトロな外観とモダンなカフェ部分が目を引く旧岡川薬局

 一方、若竹町にある1930年建築の旧岡川薬局は、福島慶介氏が2009年の取得。1階部分をカフェ、レンタルスペースに、2階和室部分をゲストハウスに改修し、10年に営業を開始した。保全と有効活用が図られ、地元住民の交流の場として機能しているほか、ワーキングステイ制の導入や地域交流イベントの開催を継続している。

 奨励賞のNPO法人小樽民家再生プロジェクト(中野むつみ代表)は12年の設立。小樽の民家、古民家の保護のほか、伝統の石蔵保護に関わる各取り組みが評価された。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 北海道認定リサイクル製品

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (5,617)
地下鉄麻生駅近くに商業施設 ビッグが遊技場跡地を取得
2018年10月05日 (2,607)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (2,485)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (2,053)
薄野のビル4棟売却で11月にも契約 第一興商
2018年10月01日 (1,733)

連載・特集

連載 月尾嘉男 北海道150年を支えた偉人new

北海道150年を支えた偉人
北海道の歴史に名を刻む人物を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第145回は「ラーメンの危機」。地震の影響でラーメン横丁やススキノの人影が減っています。私たちで元気づけましょう!