木材需給回復723万m³ 道水産林務部が16年度まとめ

2018年01月09日 19時06分

 道水産林務部は2016年度の木材需給実績をまとめた。全体需給は15年度比5.6%増の722万8000m³と、3年ぶりに前年度を上回った。需要では「合板等用」が2割伸び、「製材用」「パルプ用」も増加。供給実績では道産材、輸入材ともに伸び、道産木材自給率も1.8ポイント増の58.3%となった。

 木材需要は10年度からほぼ横ばいで推移し、13年度から減少傾向が続いたが16年度は回復した。内訳は、製材用が住宅資材や輸送用資材の針葉樹製材需要が拡大し、254万1000m³と3.5%増加した。合板等用は、カラマツ合板や燃料用の林地未利用材、移出用原木の需要増加などを背景に24.8%増の131万5000m³となった。パルプ用は1%増の337万2000m³とほぼ横ばいで推移している。

 供給は、道産材が製材等用の供給量拡大や、燃料用の需要が高まり9%増の421万7000m³と増加。輸入材は構造用集成材などの増加により1.1%増の301万1000m³といずれも上回り、このうち9割がヨーロッパからだが、16年度はロシアが5.8%を占め、わずかだがシェアを伸ばしている。

 道産材自給率は3年連続で上昇し、16年度は58.3%に達した。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,255)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,310)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,051)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,618)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,617)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?