十勝港と大津漁港の管轄が4月から釧路開建に

2018年01月10日 19時00分

帯広開建が管轄している十勝港と大津漁港は、4月1日から釧路開建の管轄に変更される。今後、2港の事業は釧路開建が発注する予定。年度内公告として2018年度予算の工事や業務が3月末までに公告される場合も釧路開建から発注することになる。

 帯広開建は、十勝港の内港地区で国際物流ターミナル整備として1993年度から岸壁や航路の整備を推進。大津漁港では津波被害軽減のため船揚場を建設している。しかし担当職員が築港対策官をはじめ少数に限られていることから、釧路開建の本部築港課や釧路港湾事務所に管轄を移し、個々の負担を軽減し業務の効率化を図ることにした。これにより帯広開建に港湾関係のポストはなくなることになる。

 帯広開建の港湾工事では、本店所在地の参加要件を道内全域とするケースが主流。総合評価では十勝管内での地域貢献や帯広開建部長表彰の実績、十勝管内に本店を置いていることに対し加点している。これら本店所在地の参加要件や総合評価の管轄部署変更後の対応については検討中としている。


関連キーワード: 国交省 港湾

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,056)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,387)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,382)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,009)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (988)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。