十勝港と大津漁港の管轄が4月から釧路開建に

2018年01月10日 19時00分

帯広開建が管轄している十勝港と大津漁港は、4月1日から釧路開建の管轄に変更される。今後、2港の事業は釧路開建が発注する予定。年度内公告として2018年度予算の工事や業務が3月末までに公告される場合も釧路開建から発注することになる。

 帯広開建は、十勝港の内港地区で国際物流ターミナル整備として1993年度から岸壁や航路の整備を推進。大津漁港では津波被害軽減のため船揚場を建設している。しかし担当職員が築港対策官をはじめ少数に限られていることから、釧路開建の本部築港課や釧路港湾事務所に管轄を移し、個々の負担を軽減し業務の効率化を図ることにした。これにより帯広開建に港湾関係のポストはなくなることになる。

 帯広開建の港湾工事では、本店所在地の参加要件を道内全域とするケースが主流。総合評価では十勝管内での地域貢献や帯広開建部長表彰の実績、十勝管内に本店を置いていることに対し加点している。これら本店所在地の参加要件や総合評価の管轄部署変更後の対応については検討中としている。


関連キーワード: 国交省 港湾

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • Easy維~持~!
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,255)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,310)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,051)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,618)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,617)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?