道の駅名称は「あびらD51ステーション」 機関車展示も

2018年01月11日 12時00分

 安平町が2019年春の開業を目指し、追分柏が丘の国道234号沿いで建設を進めている道の駅の名称が、「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に決まった。

 名称は町が昨年10月、「あびら」を入れることや町のイメージが連想できることなどを条件として募集したところ、全国から334件の応募があった。選考委員会が1次選考で24件、2次選考で3件に絞り込み、最終選考で町内在住の大西秀貴さんが考案した「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に決定した。D51の名称を盛り込むことで施設のインパクトが高まり、道の駅の認知度向上が期待できるということが選考理由。

 5日には追分庁舎で表彰式を開き、滝孝町長から大西さんに賞状などが手渡された。

 安平町は日本で最後に蒸気機関車が活躍した地であり、町の鉄道資料館にはD51形機関車が良好な状態で残されている。この機関車は駅舎風デザインの道の駅に移設し、展示される予定だ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • イイファス
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,255)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,310)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,051)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,618)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,617)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?