道の駅名称は「あびらD51ステーション」 機関車展示も

2018年01月11日 12時00分

 安平町が2019年春の開業を目指し、追分柏が丘の国道234号沿いで建設を進めている道の駅の名称が、「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に決まった。

 名称は町が昨年10月、「あびら」を入れることや町のイメージが連想できることなどを条件として募集したところ、全国から334件の応募があった。選考委員会が1次選考で24件、2次選考で3件に絞り込み、最終選考で町内在住の大西秀貴さんが考案した「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に決定した。D51の名称を盛り込むことで施設のインパクトが高まり、道の駅の認知度向上が期待できるということが選考理由。

 5日には追分庁舎で表彰式を開き、滝孝町長から大西さんに賞状などが手渡された。

 安平町は日本で最後に蒸気機関車が活躍した地であり、町の鉄道資料館にはD51形機関車が良好な状態で残されている。この機関車は駅舎風デザインの道の駅に移設し、展示される予定だ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • 古垣建設
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

洞爺サンパレス「クリスタル」建替を6月着工 カラカミ観光
2017年12月26日 (2,331)
特定代行者募集を開始 北3東11周辺地区再開発
2017年12月25日 (1,700)
国立アイヌ民族博物館新営建築は40億円で竹中らJVに
2018年01月15日 (1,655)
道新幹線、札樽トンネル(石倉)他は105億円で大林組らJVに
2017年12月20日 (1,540)
小樽のホテル跡8万m²など取得 グローカルジャパン
2018年01月13日 (1,341)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第127回は「疲労とお風呂」。血行が改善されることで疲労感の原因となる物質が、処理されやすくなります。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。