イベントなどで連携 北広島市と日ハムがパートナー協定

2018年01月16日 12時00分

 北広島市と北海道日本ハムファイターズは15日、パートナー協定を締結した。両者はボールパーク誘致に向けた実務者協議の中で、結果を待たずに取り掛かることができるソフト面での連携に合意。球団がボールパークの候補地について一定の方向性を出す3月を前に、結び付きが一つ増えた。

上野市長(右)と竹田社長が協定書に署名した

 札幌市内の球団事務所で開いた締結式で、上野正三市長と竹田憲宗社長が協定書を交わした。両者の資源を利活用し、相互発展に向け協働する。更新は1年ごと。球団はこれまで、ニセコ町、美唄市、新十津川町、紋別市、足寄町、士別市とパートナー協定を結んでいて、今回が7カ所目となる。

 球団はスポーツ教室やメディカルクリニック、食育講座を複合した「スポーツコミュニティin北広島市」を2月17日に開催するほか、6月末には「きたひろしま30㌔ロードレース」と連動したイベントを予定。小中一貫教育でのキャリア教育「大志学」に関連した事業、小中学校の体育授業に関連した事業なども展開する。

 竹田社長はスポーツコミュニティの実現という企業理念に触れ、「球団はことし15周年目を迎える。新たな道へしっかりレールを敷き、進化させたい。市の課題を見つけて一緒に解決し、役立ちたい」と強調。上野市長は「協定を機にファイターズの知見を共有させていただき、スポーツを核としたまちづくりで子どもたちに夢と希望を与えたい」と期待を寄せた。

 竹田社長は北広島市内での試合開催を検討する意向も表明。上野市長は、現在市内に対応できる施設がないことから、まずは3月に球団側が出す結論を見た後で整備などを含む方向性を出す考えを示した。


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,053)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,997)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,514)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,445)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,337)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。