イベントなどで連携 北広島市と日ハムがパートナー協定

2018年01月16日 12時00分

 北広島市と北海道日本ハムファイターズは15日、パートナー協定を締結した。両者はボールパーク誘致に向けた実務者協議の中で、結果を待たずに取り掛かることができるソフト面での連携に合意。球団がボールパークの候補地について一定の方向性を出す3月を前に、結び付きが一つ増えた。

上野市長(右)と竹田社長が協定書に署名した

 札幌市内の球団事務所で開いた締結式で、上野正三市長と竹田憲宗社長が協定書を交わした。両者の資源を利活用し、相互発展に向け協働する。更新は1年ごと。球団はこれまで、ニセコ町、美唄市、新十津川町、紋別市、足寄町、士別市とパートナー協定を結んでいて、今回が7カ所目となる。

 球団はスポーツ教室やメディカルクリニック、食育講座を複合した「スポーツコミュニティin北広島市」を2月17日に開催するほか、6月末には「きたひろしま30㌔ロードレース」と連動したイベントを予定。小中一貫教育でのキャリア教育「大志学」に関連した事業、小中学校の体育授業に関連した事業なども展開する。

 竹田社長はスポーツコミュニティの実現という企業理念に触れ、「球団はことし15周年目を迎える。新たな道へしっかりレールを敷き、進化させたい。市の課題を見つけて一緒に解決し、役立ちたい」と強調。上野市長は「協定を機にファイターズの知見を共有させていただき、スポーツを核としたまちづくりで子どもたちに夢と希望を与えたい」と期待を寄せた。

 竹田社長は北広島市内での試合開催を検討する意向も表明。上野市長は、現在市内に対応できる施設がないことから、まずは3月に球団側が出す結論を見た後で整備などを含む方向性を出す考えを示した。


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • イイファス
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,607)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,258)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,859)
名寄市 王子マテリア名寄工場の事業継続要請
2019年10月16日 (1,626)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,543)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。