からくさホテル札幌オープン 道内ホテル展開を強化

2018年01月19日 09時30分

 不動産総合サービスのザイマックス(本社・東京)は、道内でホテル事業の展開を強める。札幌市の狸小路商店街5丁目で22日にオープンする「からくさホテル札幌」を皮切りに、早くも2カ所目となる新ホテルを検討するほか、道内の観光地で宿泊に関わる事業者などと連携し、〝からくさブランド〟を広めていくことも模索。増加する外国人旅行者をターゲットに、独自の客室サービスで連泊客の確保を狙っていく。

22日のオープン前に公開した「からくさホテル札幌」の客室

 道内初進出となる宿泊特化型の「からくさホテル札幌」は、大阪、京都に次いで5カ所目。これまでで最も多い177室を完備した。隣り合う客室を内扉でつなぎ、最大4―6人が利用可能なコネクティングルームを110室用意するなど、札幌では少ない、多人数の宿泊に対応するのが特徴だ。

 2階に露天風呂付きの大浴場を備えるほか、ラウンジには座敷に掘りごたつを設けるなど和の空間を創出。提携するノースグラフィック(本社・札幌)が手掛けるレストランでは、道産食材の多彩なメニューを提供する。からくさホテルは、宿泊者の7割以上が香港、台湾をはじめとする外国人で占めるため、ニーズに対応したサービスで集客を図る。

 同社は今回の1号店に続き、早くも客室140室程度の2号店の出店を検討。狸小路商店街2丁目に面した敷地約700m²を取得済みだ。

 18日に行われた1号店の内覧会で、佐藤亮祐からくさホテル事業部長は、札幌での2号店について「1号店の運営動向を見ながら考えていきたい」と説明。2018年中の建設は現段階で考えていないとし、出店が決まったとしても「おそらくオープンは2020年以降になる」との見解を示した。

 一方、札幌以外での道内出店については「からくさブランドを広めて、グループのような形でいろんな企業と提携できれば」とし、自社開発にこだわらないホテル事業の拡大も考えていくとした。


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • 北海道認定リサイクル製品
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (5,995)
地下鉄麻生駅近くに商業施設 ビッグが遊技場跡地を取得
2018年10月05日 (2,545)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (2,471)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (2,013)
薄野のビル4棟売却で11月にも契約 第一興商
2018年10月01日 (1,708)

連載・特集

連載 月尾嘉男 北海道150年を支えた偉人new

北海道150年を支えた偉人
北海道の歴史に名を刻む人物を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第145回は「ラーメンの危機」。地震の影響でラーメン横丁やススキノの人影が減っています。私たちで元気づけましょう!