札幌市交通局が国交省バリアフリー化推進功労者大臣表彰に

2018年01月19日 19時00分

 札幌市交通局が、国土交通省の2017年度バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受賞した。地下鉄全駅へのホーム柵設置や、駅員へのマナー教育の徹底などハードとソフトが一体となったバリアフリーへの取り組みが評価された。

 同表彰制度は、バリアフリーの普及を目指して07年に創設し、ことしで11回目となる。

 同局は09年から17年にかけて、地下鉄3路線全49駅に可動式ホーム柵を設置した。このほか、ホーム柵の各扉に車いす対応などを運転手に知らせるための「旅客対応中ボタン」を設置したり、車両とホームの隙間が15cm以上の乗降口に「転落防止ゴム」を設けるなど、高齢者や障害者の移動における利便性に配慮した取り組みを行った。

 地下鉄駅全ての階段は、色によって段を識別でき、雨や雪などのスリップを防げるようゴム材の階段ステップへと改修した。

札幌市路面電車ループ区間のサイドリザベーション方式

サイドリザベーション方式で歩道側から安全に路面電車に乗り込める

 路面電車ループ区間では、全国でも珍しい歩道側を走行するサイドリザベーション方式を導入し、乗客の安全確保に努めた。

 ソフト面では、駅を管理する札幌市交通事業振興公社と共に05年から全駅員を対象としたマナー研修を実施。研修では高齢者や身体の不自由な利用者への介助技術を学んでいる。

 車いす使用者の安全な乗降のため、ホームと列車の隙間と段差を解消する「車いす用渡し板」も開発。長年の改良を重ねて、車両の形状に合わせたずれ防止機能を付けるなどの工夫を凝らした。

 同局担当者は、国の制度に先駆けて点字タイルの敷設に取り組むなど、いち早い動きがバリアフリー化の推進につながったとみており、「今後も事業者として進んで取り組んでいきたい」と話している。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (14,229)
テイセンボウル解体へ 跡地8600m²利活用を検討
2018年07月23日 (3,570)
札幌市、東豊線コンコースをさっぽろ駅北側へ延伸
2018年08月07日 (2,822)
大通東1に再開発ビル 約10万m²、総事業費500億円超
2018年08月10日 (2,646)
南22条NTT北海道セミナーセンタ跡地に商業施設計画
2018年08月03日 (2,217)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第141回は「座りすぎ」。座っている時間が世界一の日本人。脳や体への悪影響が懸念されます。心配なあなたに提案です。