ベガスベガス JR釧路駅近く複合施設跡地で新店舗

2018年01月20日 09時30分

 パチンコ・パチスロ店などを経営するベガスベガス(山形市香澄町2丁目8の1、高橋秀之社長)は、JR釧路駅近くの複合商業施設「アベニュー・クシロ」跡にパチンコ店を建設し、2018年内のオープンを目指している。設計は道外2社に依頼中で、コンペによって2月中に設計内容を決める。施工業者の選定後、今春にも着工したい考えだ。

 建設地の敷地は1万158m²で、17年に東京の不動産会社が武田商事から土地を取得。建物の解体は2月までに完了する見通し。ベガスベガスは東京の不動産会社から土地を賃借する。

 パチンコ店の規模については、中高層の立体駐車場を併設した大規模店舗、平置き駐車場か低層の立駐を併設した中規模店舗、必要最小限の小規模店舗などの複数のパターンで検討中。施設内容は、パチンコ以外でも集客できる「サプライズ的要素を考えたい」意向で、コンペを経て決める。

 本社担当者によると「道内は建築バブルで建築費が高騰している。早く着手するに越したことはないが、予算オーバーするようなら、スケジュールの先送りも検討する」と話している。

 ベガスベガスは北海道、東北、関東でパチンコ店を展開するほか、アミューズメント施設、ゲームセンター、日焼けサロン、フードサービスなどを運営。昨年12月には、世界自然遺産のハロン湾があるベトナム北部のリゾート地・ハロン市内のホテルにカジノを出店している。

 道内には同社のパチンコ店が12店舗あるが、釧路市への出店は初めてとなる。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (14,229)
テイセンボウル解体へ 跡地8600m²利活用を検討
2018年07月23日 (3,570)
札幌市、東豊線コンコースをさっぽろ駅北側へ延伸
2018年08月07日 (2,822)
大通東1に再開発ビル 約10万m²、総事業費500億円超
2018年08月10日 (2,646)
南22条NTT北海道セミナーセンタ跡地に商業施設計画
2018年08月03日 (2,217)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第141回は「座りすぎ」。座っている時間が世界一の日本人。脳や体への悪影響が懸念されます。心配なあなたに提案です。