駒大苫小牧高が学生寮を新設 岩倉建設で3月着工

2018年01月24日 09時30分

 学校法人駒沢大学付属苫小牧高(苫小牧市美園町1丁目9の3、笹嶋清治校長)は、全校生徒を対象とした学生寮新設を3月に着工する。RC造、4階、延べ2821m²の規模で、設計は西村建築設計、施工は岩倉建設に依頼した。グラウンドも併設し、2019年4月の供用を予定している。

 同校には自宅外通学生が全体の約3割いるが、経営者の高齢化などで下宿の閉鎖が相次ぎ、学校で運営する寮の整備を5年ほど前から検討していた。野球部寮はあるが、全校生徒対象は初の試み。

 建設地は同校から南東方向にある道道苫小牧環状通線沿いの苫小牧市明野新町6丁目35の1ほか。敷地面積は約8588m²で、岩倉建設から購入した。昨年11月の理事会で建設を決め、建物施工について同12月に同社と契約している。

19年4月の供用を予定する寮の完成イメージ

 部屋数は男子81室、女子30室。玄関や生活空間は完全に男女別で、オートロックや入退室の自動確認システムも導入してセキュリティー面の充実を図る。個室が基本だが、2人で利用できる部屋も備え、最大で男子102人、女子42人が居住可能。24時間管理が付くほか、教職員の居室も設けて生徒を見守る。

 食堂、格安のコインランドリー、共用のシャワールームとユニットバスも整備。全室にエアコンを完備し、Wi―Fiやシェア自転車の導入も検討している。

 部活動の練習に対応するグラウンドは、敷地の半分ほどを活用し天然芝を張る計画で、フェンス、駐車場、駐輪場も整備する。外構やグラウンドの整備は別途契約するが、現在見積もり中だとしている。

 学生寮は12月に完成、19年1月に引き渡しを予定。寮の名称は未定だが、校風に基づく候補が挙がっているという。3月1日に地鎮式を行う。


関連キーワード: 学校 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • イイファス
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (5,995)
地下鉄麻生駅近くに商業施設 ビッグが遊技場跡地を取得
2018年10月05日 (2,545)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (2,471)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (2,013)
薄野のビル4棟売却で11月にも契約 第一興商
2018年10月01日 (1,708)

連載・特集

連載 月尾嘉男 北海道150年を支えた偉人new

北海道150年を支えた偉人
北海道の歴史に名を刻む人物を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第145回は「ラーメンの危機」。地震の影響でラーメン横丁やススキノの人影が減っています。私たちで元気づけましょう!