道内建設業で外国人労働者5割増 厚労省まとめ

2018年01月30日 12時30分

 厚生労働省は、2017年10月末現在の外国人雇用状況をまとめた。道内で働く外国人労働者は前年同期比17.7%増の1万7756人。このうち建設労働者は51.9%増の942人と大幅に増加している。建設業で働く外国人労働者は1万人余りいる東京都に遠く及ばないが、本道での人手不足が深刻さを増している格好だ。

人手不足が深刻な状況

 同省は毎年、10月末時点の外国人労働者数を発表している。道内で外国人を雇用している事業所は3783カ所で全国の1.9%にすぎないが、47都道府県では12番目に多かった。

 道内の外国人労働者数を在留資格別に見ると、「技能実習」が8553人と最も多く全体の48.2%を占めた。次いで「専門的・技術的分野の在留資格」が3273人、「資格外活動」が3231人(うち留学は2948人)、永住者や日本人の配偶者などの「身分に基づく在留資格」が2432人、「特定活動」が267人となっている。

 産業別では、製造業が全体の27.8%を占める4939人と最も多かった。卸売業・小売業が2512人、教育・学習支援業が2280人、宿泊業・飲食サービス業が1250人と続く。建設業は5番目に多く、全体の5.3%だった。

 全国を見ると、外国人労働者を雇用している事業所は19万4595カ所で、前年同月より12.6%増加。外国人労働者数は127万8670人で、18%増えた。事業所数と外国人労働者数ともに過去最高を更新した。

 外国人を雇用している建設業の事業所は1万6711カ所で全体の8.6%、建設業で働く外国人労働者数は5万5168人で、全体の4.3%だった。

 建設業で働く外国人労働者数は、東京が最多の1万31人、次いで愛知県5614人、神奈川県5509人の順。本道は13番目だった。

 また、建設業で働く外国人労働者の国籍は、ベトナムが2万3470人で最も多く、中国(香港などを含む)1万1678人、フィリピン6996人などがこれに続いた。


関連キーワード: 人材育成

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,093)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,470)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,234)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,880)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,240)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。