建設業の反動減などでDI悪化予測 北洋銀が業況見通し

2018年01月31日 09時00分

 北洋銀行は30日、2018年の道内企業業況見通しを発表した。公共事業の増加で好調だった建設業の反動減などで、全産業DIの売り上げは前年を6ポイント下回るプラス3と予測。利益は人手不足に伴う人件費の増加や原油高への懸念から6ポイント下回るマイナス7とした。

 道内の取引先702社に昨年11月中旬から12月中旬に調査し、建設業77社を含む383社が回答した。回答率は54.6%だった。

 17年は、台風被害による復旧工事などで公共投資が増え、建設関連業種が改善したほか、ホテル・旅館業も訪日外国人の好調を受けて回復を見せた。一方、水産関係の不漁や原油高の影響で食料品製造業と運輸業が悪化。その結果、全産業では売り上げDIが前年比13ポイント増のプラス9と上昇したが、利益DIは横ばいのマイナス1にとどまった。

 18年は売り上げ、利益ともに悪化する見通し。復旧工事の発注が一巡したことによる反動に加え、人手不足に対する賃金引き上げなどでコストが増すため、利益が圧迫するとみる。

 製造業のDIは売り上げがプラス7、利益がマイナス5でどちらも上昇すると予測。17年の不漁に伴う落ち込みで、悪化していた食料品が持ち直すとしたほか、鉄鋼・金属製品・機械も建設用の部品需要や輸出の増加が見込まれるとした。

 非製造業のDIは、これまで好調だったホテル・旅館業が人手不足の影響などで大きく悪化するとみており、売り上げがゼロ、利益はマイナス7とともに悪化を予測。原油価格の高止まりにより、運輸業や卸売業で利益が下がるとみる。

 建設業については、民間需要はあるものの、土木を中心に低下していくとし、売り上げは29ポイント減のマイナス10、利益は25ポイント減のマイナス10といずれも大きく悪化。建設関連企業からは「専門職の不足が大きな問題」「本年度は災害復旧工事があり順調だったが、来年度は見通せない状況」といった雇用動向や公共投資の先行きを心配する声が寄せられた。


関連キーワード: 景気動向

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (3,062)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,145)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,836)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,431)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,140)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。