林業担い手確保の取組(中) 知内モデル構築までをたどる

2018年02月09日 13時00分

■町と企業、高校が連携

 知内町林業担い手確保推進協議会は2016年5月の設立以来、冬季を除けばほぼ月1回以上の活動を繰り広げた。密度の濃い2年間だった。

 しかし、最初から順調だった訳ではない。事務局を務め、協議会をけん引した渡島総合局東部森林室の二本柳寿紀主査は「最初は会員企業や高校側も戸惑っているように感じた」と振り返る。例えば、休日の数時間、実際に山へ入って林業を体感してもらおうと考え、知内高の生徒を対象に現場見学会を企画したが、応募者はゼロだった。

 二本柳主査は「林業が知られていない現実を目の当たりにした」という。「誰か来るだろうと安易に考えていた」が、生徒だけでなく教師も林業になじみが薄い普通科高校では「林業自体を知ってもらうことがまず必要だった」と話す。

 

負担の大きいインターンシップにも企業が積極参加した

■努力重ね活動に広がり

 そこで協議会として町森林組合のインターンシップ参入を高校に要請。来てくれた生徒2人には林業の全体知識を伝えた後、森林組合の仕事を説明した。生徒は「徐々に林業のことが分かり、楽しい仕事だと思えた」と話し、講師を務めた森林組合の桜井大介参事は「戸惑いながらも、研修を進める中で少しずつ手応えを感じた」と自信を持った様子。その後は、会員の積極的な提案で長期就業体験が実現するなど、活動はますます広がりを見せた。

 一方、町では大野幸孝町長が「自分のこだわり。第1号でやりたかった」と話す全国初のカラマツCLTを活用した研修・宿泊施設「しりうち地域産業担い手センター」が建設中。地域産業の担い手を受け入れる拠点として、体験や研修メニューを整備し、町内での就業や定住を支援する。

 知内高は、協議会の活発な活動を受けて、林業や農業などから関係者を講師に招く少人数対話型の職業講話「ソクラテスミーティング」を初めて実施した。

 産業の維持と発展を下支えする町、世代交代や技術継承を進めたい企業、生徒の職業観育成や地元就職希望者の受け皿を確保したい高校。こうした町内の各関係者が連携し、それぞれができることから取り組んだ2年間だった。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • イイファス
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,826)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,740)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,608)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,862)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,703)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。