VR/ARなど最新技術で建設業を体感

2018年02月14日 10時34分

 現場でのVRなど最新技術を学生が体験―。室蘭商工会議所建設業部会(藤川康司部会長)はこのほど日本工学院北海道専門学校(登別)で、同校の学生にVR(仮想現実)、AR(拡張現実)などの最新技術を通じて建設業の魅力を知ってもらう体験会を開いた。学生約30人が業界の魅力を肌で感じ取った。

学生たちが最新技術で建設業を体感

 VRでは、現場の安全教育を仮想現実の空間で体験。現場で起きた災害事例を基に作ったもので、バックホー、クレーン、足場点検の各編がある。ARは、スマートフォンのカメラをかざすことで、土木や建物の施工前と施工後の3Dモデルが浮かび上がる仕組み。このほか、ドローンの操縦などに挑戦できるICT体験や、市内の建設業者から話を聞くことができるブースも用意した。

 藤川部会長は「これまで業界そのものをPRする場面がなかなかなかった。1人でも2人でも建設業に興味をもってもらえれば」と期待。情報処理科1年の原一博さんは「仮想空間で完成形を見ることができたほか、安全性も体感できて良かった」と話していた。(室蘭)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,385)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,462)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,320)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,211)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,684)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。