習得技術生かし家具など作成 旭川高等技専が修了作品展

2018年02月15日 12時00分

 習得した知識や技術を盛り込んだ作品を披露―。道立旭川高等技術専門学院は、25日まで旭川市宮下通11丁目にあるデザインギャラリー「蔵囲夢」で第21回修了研究作品展を開いている。訓練生たちは、2年間の職業訓練で習得した知識や技術を生かし、端材を活用したダイニングテーブルや演奏用の椅子など、思い思いの作品を作り上げた。

 ことしの修了生は、家具や建具職人を育成する造形デザイン科が18人、製品塗装やデザインを学ぶ色彩デザイン科が10人。造形デザイン科は13日から展示しており、15、16の両日、午後1時30分からはプレゼンテーションも実施する。色彩デザイン科は20日から展示する予定だ。昨年は約700人が来場している。

 造形デザイン科の山本稜太さんは、趣味でギターやバイオリンなどの楽器を弾くことから演奏用の椅子を製作。「演奏時は足を開く姿勢を取ることが多い。足を開いても、ももが当たらないよう座面を三角形にした」と演奏しやすい工夫を施した。持ち運びが楽になるようにコンパクト化したことも特徴となっている。

端材を生かしたダイニングテーブル

 同科の小野寺秀斗さんが作り上げたのはダイニングテーブル。天板に多様な樹種の端材を組み込むなど目を引くデザインで、「大小長短さまざまな形状の端材をどのようにまとめて加工していくかを主眼に取り組んだ」と説明していた。

 会場内にはこのほか、学習机や超軽量椅子、子ども用椅子なども展示している。


関連キーワード: 人材育成

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • イイファス
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,019)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,686)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,102)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,720)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。