苫小牧市の橋梁整備に2000万円寄付 河村ビル開発

2018年02月21日 11時30分

 河村ビル開発(本社・札幌)は16日、支店を置く苫小牧市に橋梁整備事業のため2000万円を寄付した。河村有泰会長が市役所を訪れ、岩倉博文市長に目録を手渡した。

 同社の関連企業であるアリヤス設計コンサルタント(同)は昨年、創業50周年を迎えた。これを機に大規模な新社屋とマンションの建設を計画していたが、施設規模を縮小。地域へ日頃の感謝の思いを込め、昨年4月から企業版ふるさと納税などとして道内の36市町村に計1億2000万円の寄付を進めている。

 目録贈呈式には、アリヤス設計コンサルタントの中野裕隆苫小牧支店長と吉野国彦第二営業部長も同席。河村会長は「身体障害者のための橋を整備してほしい」と希望している。市は、河村ビル開発に感謝状を贈った。


関連キーワード: 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,521)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。