時計台に光の演出 ライトアップでSNS映え 3日から

2018年02月28日 19時01分

 光の演出でインスタ映えの時計台を―。札幌電気工事業協同組合青年部(安藤慎也部長)は3日から11日まで、札幌市時計台をきらびやかなイルミネーションと幻想的なライトアップで飾り、市民や観光客が集う夜の撮影スポットを演出する。

 電気工事業の技術やノウハウを生かし、都心の代表的な観光スポットの魅力を高めることで、観光振興に貢献しようと企画したもの。

 2月27日午前から部員30人が現地に集まり、深夜にかけて、普段は薄暗い敷地内の樹木に輝くLEDイルミネーションを飾り付け。ビルの谷間に時計台や樹木が幻想的に浮かび上がるようライトアップした。

 写真共有SNSのインスタグラムに見栄えの良い写真を投稿する「インスタ映え」という言葉が流行したことから、時計台正面にはイルミネーションで飾った撮影ステージも設けた。

 期間中、インスタで写真投稿を受け付ける「フォトコンテスト」も開催。参加は「#(ハッシュタグ)時計台イルミネーション」を付け投稿すると良い。「映える」写真には記念品を贈る。

 企画の中心になった徳安英治事業委員長は「観光だけでなく市民も集う場所になればと考えた。電気工事業を若い人にアピールすることで、担い手確保にもつながれば」と話している。


関連キーワード: 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,124)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,481)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,456)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,082)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。