JRと個別協議へ 札沼線沿線4町最適な公共交通構築で

2018年03月06日 19時00分

 JR札沼線(北海道医療大―新十津川間)の沿線4町長による札沼線沿線まちづくり検討会議の議長を務める上坂隆一月形町長は5日、役場庁舎で記者会見し、それぞれの地域にとって最適な公共交通体系の構築に向け、正式にJRと協議に入ることを報告した。今後は4町がそれぞれ、将来のまちづくりなども踏まえて協議を進め、その結果を共有しながら、札沼線の存廃について検討していく。

正式にJRとの協議に入ることを表明する上坂月形町長

 JR北海道の維持困難線区に挙がっている札沼線の沿線自治体である、当別町、月形町、浦臼町、新十津川町は、7回にわたって意見交換をしており、まちづくり検討会議と名称を改めてからも2回の会合を開いた。

 前回の会合でJR側から廃線後のバス転換に関する案が出されるなど議論が進む中、4町は地域住民の暮らしに欠かせない公共交通の確保や、利便性向上は喫緊の課題であり、各町の町民ニーズに合った便利で快適な新たな交通体系の構築に向け、早急に検討を進めなければならないと判断。

 そこで、正式にJRと協議に入り、①沿線のバス路線新設、既存バス路線の充実、関連経費の負担・支援②バス以外の各町の公共交通の充実・将来を見据えたまちづくりへの支援・協力③札沼線沿線の観光事業をはじめとする交流人口増加策への支援・協力―などについて、道とも連携しながら協議することにした。

 協議は4町が個別に行い、その結果を検討会議として共有した上で、存廃の結論を出すことにしているが、上坂町長は「できるだけ早期に存廃について検討したいと思っている。これまで1年以上4町が一枚岩となって、町民にとって最良の決断をしようと進んできた。今後も一枚岩となって検討会議をまとめていきたい」と話している。


関連キーワード: 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,128)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,481)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,456)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,083)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。