おとなの養生訓

おとなの養生訓 第131回「オンザロック」 氷の溶かしすぎに注意

2018年03月09日 08時30分

 バーでウイスキーを飲むとき、飲み方としてオンザロックを選ぶ方が多いと思います。カウンターの上で、氷が入ったロックグラスがバーの淡い照明に映えて、素敵に輝きます。バーならではのムードを感じるには最適といえます。ただ、オンザロックは飲むのが難しいお酒です。

 ウイスキーを氷で冷たくして、スッキリと飲むのが目的なのです。でも、出されてすぐに、一気に飲んでしまっては、ストレートと同じで、あまり冷たくなく、折角のロックグラスの風情も楽しめません。かといって、あまりゆっくりたしなんでいると、氷が溶け出してウイスキーが薄まってしまい、ウイスキーの香りと味わいが損なわれてしまいます。

 適度なスピードでたしなむものという訳ですが、そうなると、氷の溶け方を計算しなければなりません。もし、氷の溶け方が速いと、ゆっくりオンザロックを楽しむことは難しくなります。そこで、なるべく溶けにくい氷の形を、バーテンダーさんたちは工夫しています。

 オンザロックの氷は、冷蔵庫の製氷機で作った小さい角氷を数個入れるのが一般的でした。でも、それでは溶けやすいということで、今のバーでは丸く大きな氷、あるいは、大きな箱型の氷を1個入れるのが、多くなりました。この方が、氷が溶けにくいからです。

 小さな角氷は、体積に対する表面積の比率が大きくなります。つまり、氷がより広くウイスキーに接しているので、氷が溶け出す量が多くなるのです。一方、丸氷にしろ、箱氷にしろ、ロックグラス一杯に入る大きな氷は、体積に対する表面積の比率が小さくなりますので、氷が溶け出す量が少なく抑えることができるという訳です。また、小さな角氷では、結果的に角や縁の数が多くなります。氷は角や縁のあたりが溶けやすいともいわれるので、この効果も考えられます。

 大きな丸氷は、バーテンダーさんが、手でアイスピックなどを使って、1個1個削り出している場合が多いのです。そうまでして、おいしいオンザロックを出そうと頑張っているのです。だから、オンザロックの氷はなるべく溶かさないように味わいたいものです。グラスを手に持って回したり、指で氷を回したりするのは、溶けを速めるので控えたいところです。ちょっと粋には見えるのですがね…。

(札医大医学部教授・當瀬規嗣)


おとなの養生訓 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,546)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (4,017)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,565)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,190)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,786)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。