シベリアこぼれ話 ノボシビルスクを訪ねて(下)

2018年03月15日 12時00分

■建設最大手のシビリ見学

 2月14日、ノボシビルスク州最大手の建設会社「シビリ」の木材工場を見学した。約5000m²の工場内は暖房が行き渡り、マイナス数十度の屋外の様子とは裏腹に、半袖姿の従業員らが作業にいそしんでいた。

 アパートや戸建て、高層マンションの建設、文化的建築物の改修を中心に、毎年15万m²を施工する同社。1990年に設立し、自社で資材や外壁材、建具、家具なども製造する。グループ会社ではリゾートや魚の養殖場、発電所の運営など多角的に展開している。

 訪問した木材工場は、約8haの広大な敷地の一角にあった。奧には鉄筋や配管の工場も備え、郊外に保有する砕石場から石を採取し、敷地内でコンクリートも製造している。従業員は約500人で、20代前後の若い女性の姿も見かけた。聞けば全体の4割が20―30代だという。

暖かく、広々とした工場内での作業の様子暖かく、広々とした工場内で作業が進む

 4時過ぎに終業のチャイムが鳴ると、途端に工場は静かになった。始業は午前7時半と早いのだ。人けのない建具の製造コーナーを歩き、木材の切り出しから乾燥、加工、仕上げ工程を見て回った。大部分の作業は機械化され、最大6mまで加工できる機械の前では、家具用のシラカバや窓枠用のマツの木板が並んでいた。

■自社で資材製造しコスト抑制

 ロシアでは、気密性や断熱性に優れた木製サッシ窓が好まれており、窓部門だけで売り上げは年間約5億円に達するという。国産材を使用した高級家具は、輸出が伸び悩み、年間で3000万円ほど。国内の経済危機が影響し、生産量は数年で5分の1ほどまで減少している。

 自社で施工する現場には、材料の9割を自社で賄う物件もある。同社幹部は「機械用の部品や仮設資材、搬送などを他社に発注しないので販売コストが抑えられ、富裕層から若者向けアパートまで幅広く対応できる」と話していた。

関連連載記事

シベリアに挑む 最大の建設展示会(全3回)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,235)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,140)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,562)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,282)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,107)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。