道内初ZEB100%を実現 アリガプランニング新社屋

2018年03月14日 19時01分

 北海道初のゼロ・エネルギー・ビルディング(ZEB)100%を実現する、アリガプランニング(本社・札幌)の新社屋が完成した。グループ会社の有我工業所(同・上富良野)と培ってきた地中熱による冷暖房・融雪技術でエネルギーを大幅削減。太陽光発電と、随所に取り入れた高効率設備システムの導入で、全国でも事例の少ない1次エネルギーの100%自給自足を達成した。20日に現地で関係者向けの内覧会を開く。

 札幌市中央区南10条西12丁目に完成した新社屋はS造、4階、延べ644m²。

地中熱システムを説明する有我社長

 省エネの要は、建物の下にある。環境省の実証事業として採用された同社の地中熱ヒートポンプシステムだ。地下約100mのボアホールに埋めた地中熱交換器で採熱し、CO排出量を大幅に抑えながら、年間冷暖房コストを削減する。

 併せて、駐車場と社屋前の歩道にはヒートパイプ融雪を導入。地中に埋めた真空管内の作動液が液化と蒸発を繰り返し、路面下に張り巡らせたヒートパイプ内を巡回して雪を溶かす同社の独自技術。融雪エネルギーは全て地中熱で賄うため、電気や石油が不要で、ランニングコストがかからない。

 建設前に約9カ月かけて深さ22mに675㍉間隔で開けたボアホール300本は、同社の高い技術力のたまもの。

 室内にも省エネへの配慮を凝らした。開口部が一切ない窓はLow―E真空ガラスを採用し、南面の日射を取得しながら外皮性能を高めた。照明設備は全館LEDとし、明るさや人感センサーによる照明・空調制御を取り入れ、BEMS(ビルエネルギー管理システム)も導入した。

 この結果、空調は基準値の半分、照明・換気は3分の1まで抑えることに成功。屋上と壁面に合わせて176枚設置した太陽光パネルは約50㌔㍗まで発電でき、残りのエネルギーを相殺してZEBを達成した。

 有我充人社長は「地中熱システムの効果も、来ていただければ一目で伝わる。道内でのZEB導入のモデルになれば」と期待を寄せている。


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,983)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,713)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,582)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,990)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,933)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。