カントリーサインにH5系車両 新幹線開業2周年記念で

2018年03月16日 12時00分

 H5系車両をカントリーサインに―。北斗市内の国道と道道計8カ所に設置している同サインのデザインが北海道新幹線開業2周年を機に変わる。

 現在のカントリーサインは道新幹線車両のデザインが決まった2014年以前、旧上磯町と旧大野町が合併した06年に設置。市内にあるトラピスト修道院と新幹線が描かれているが、黄色を基調とした車両でH5系車両とは異なるデザインとなっていた。

修道院と新幹線(H5系車両)があしらわれた北斗市の新しいカントリーサイン。北海道新幹線開業2周年を記念して更新された。

H5系車両を描いた新デザイン

 そこで市は道新幹線開業2周年を機に、利用促進や地域活性化を図るため、デザインの変更を北海道開発局に依頼。合併時の旧両町のイメージは踏襲し、新幹線部分を変更した。

 国道では函館開建が227号中山トンネルで更新済み。残る函館市―北斗市の境界となる七重浜1丁目、木古内町―北斗市の三ツ石、函館江差自動車道の追分は16日と22日に分けて順次交換する。また、上磯峠下線や函館上磯線、七飯大野線、新函館北斗停車場七飯線の道道4カ所は18年度から設置する計画だ。


関連キーワード: 道南 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,072)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,406)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,732)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,017)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。