町産食材のパン・牡蠣飯の生産拠点をそれぞれ整備 知内町

2018年03月20日 13時00分

 知内町は、町産米粉を使ったパンの製造販売拠点と、新名物として全国展開する「牡蠣飯弁当」の生産拠点を整備する。国の地方創生関係交付金に採択され、事業費2億8400万円を補正した。既存施設の改修がメインで4月以降、実施設計に着手し、8、9月に工事発注する見通し。2019年4月の供用開始を予定している。

 両拠点の整備には国の「生産性革命に資する地方創生拠点整備交付金」を活用。事業費は弁当工場が1億6400万円、パン工場が1億2000万円で、弁当工場には土地・建物の取得費3900万円を含む。

 パン工場は、道の駅に隣接する町農村活性化センター(湯ノ里48の2、延べ226m²)を改修する。米粉や町特産のニラのパウダーなどを使ったパンを製造するほか、販売や屋内外でのイートインスペースを確保する。

 原料は、4月に稼働する江差福祉会の知内FDセンターから供給を受け、工場では障害者10人の雇用を見込む。実施設計費は約800万円、工事費は約1億1200万円を試算している。

 一方、昨年に「かき小屋知内番屋」が発売し、人気を呼んだ弁当を量産するための工場を新設する。一帯の土地・建物を取得した後、空き倉庫(重内10の15、延べ323m²)を工場へ改修する。

 急速冷凍・保存により、大都市の物産展、空弁、駅弁などで販売し、全国展開を図り、年間9万食の生産を目指す。実施設計費は1000万円、工事費は1億1500万円を試算。4人の就労を見込む。

 各拠点の改修内容は、内部造作のほか製造に必要な調理機器、受電設備などを整備する。どちらも指定管理者制度を導入。公募に当たっては雇用条件なども盛り込む。


関連キーワード: 農林水産 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,960)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,654)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,067)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,686)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,463)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。